2012年11月27日火曜日

連休6日目: ヨーロッパ版お屠蘇 ~ Apple Toddy

今回の 6 連休は珍しく自分だけ連休で、ジャックは学校があり、旦那もサンクスギビングデー以外は仕事(バグ修正)に追われていたり、というここ数年にはない休暇でした。家族のみんなが平日で自分だけ休日というのはいいような悪いような... 結局お買い物に少々出かけただけで、掃除もほとんどできないまま、6日間が過ぎてしまいました。
そんな休暇の締めくくりに、と旦那が作ってくれたのが、こちらの Apple Toddy (日本語では アップルトディ とカタカナ表記になっていましたが、英語だと アップルタディ または アップル ターディ に聞こえます)最近、車のドア閉め忘れ事件とか、マスターベッドルームの埃が絶えない件やらで怒られ気味だった旦那的には、このドリンクで気まずい空気を払拭しよう大作戦だった模様。
これは正直久々のクリーンヒットというか、シンプルなレシピのカクテルながら(飲んでみたらお酒がかなり入っていました)お味の方は日本のお屠蘇にかなり通じるものがあり、一口飲んだだけで虜に!!ヨーロッパに昔から伝わる飲み物ということですが、こんなにお屠蘇に近い味がするとは思っていませんでした(かなり甘口ですが、イケます!) 
材料は、アップルサイダー、シナモン、オレンジ、クローブとブランデー(旦那は仕上げにホイップクリームをかけてましたがこれがまた美味しかったです^^!)オレンジ 4分の1 にスパイスのクローブを二つ写真のように差し込んで、シナモンスティックと一緒にアップルサイダーの中で沸騰するまで煮ます。(沸騰したら火を消すとのこと。沸騰させないようにするのがポイントらしいですが理由は謎です。)カップにブランデーを1ショット(お好みで多め、少なめに)入れてその上に沸騰直前まで煮たアップルサイダーを注ぎ込み、シナモンスティックをカップに移し、仕上げにホイップクリームをたっぷりかけて出来上がり!ちなみに右側の BRAVE のカップ(ディズニー映画、BRAVE のキャラクターグッズ)、こんなに持ちやすいマグはない!と思えるほど手にしっくりくるマグで、しかも底の安定性もよく、アニメのキャラクターグッズではなくまっとうな陶器でこの形に作って欲しいぞ!と思う大ヒットな一品でした。これも夫婦間の気まずい空気を払拭しよう作戦の中の貢物の一つで、旦那からのプレゼントだったのですが、ディズニーストアに行ってもう 2 ~ 3 個予備に買っておいてもよいかも?と思えるほど持ちやすいマグカップでした。

Apple Toddy は日本のお屠蘇の味にそっくりで(かなり甘口ですが)今年はお屠蘇ではなく Apple Toddy でお正月を迎えそうな予感です(^^)初めてなのにとても懐かしい味がする Apple Toddy 、お酒が飲める年齢のすべての人におススメなカクテルです。


Apple Toddy 作り方
http://www.foodnetwork.com/recipes/sunny-anderson/apple-toddy-recipe/index.html