2012年11月26日月曜日

今頃ですが、ドリカムの MY TIME TO SHINE、中村正人がもっと見たい!

日本にいないおかげで、みんなから半年ぐらい遅れているのがなんとももどかしいのですが、連休中にドリカムの MY TIME TO SHINE のプロモーションビデオを見て、久々に本来のドリカムらしい歌詞&曲+プロモーションビデオで、見ているとシアワセな気分になれる一曲でした。

アーティストは波乱万丈な人生を背負っている方が芸の肥しになってよいと思っているのですが、旦那さんとの死別やら、超若い旦那さんとの再婚やら、ボーカルの吉田美和はそういう点ではとっても豊かな土壌を心に持っている気がします。ドリカムは初期の頃の作品があまりにも出来がよくて、ここ数年のキャッチーでいいんだけれど、なんとなくワンパターン… なラブソングや人生の応援歌的な歌に飽きがきていた時期もあったのですが… この曲はプロモーションビデオを一度でも見てしまうと虜になってしまう一曲でした。

ちょっとインドのボリウッド映画を思わせるようなダンスに、大昔の名作、サウンド オブ ミュージック のドレミの歌にも通じるようなメロディーライン。吉田美和がよく、歌の神様云々と言っていますが、歌の神様のレベルってもっと高くないっすか?と思うこともあったのですが、これはちょっと歌の神様来てるかな ^^? と思えました。そして彼女も四捨五入すると 50 歳のグループながら、とっても輝いてる姿がまさに MY TIME TO SHINE で素敵なのですが、そんな吉田美和よりもさらに輝いてて素敵なのがベースを弾く中村正人!!こんなに笑顔がカワイイ 54 歳の男性って他にいないんぢゃないか?と思うぐらい、ちょっと猿顔の中村正人も実年齢には見えない輝きぶり。彼の作曲の才能がなかったらドリカムはここまで成功していなかったと思うのですが、ダンスシーンの中で一人ベースを弾きながら画面の中心よりちょっと上の方に見える中村正人に目が釘付けでした。

中村正人が顔をくしゃくしゃにしながら微笑みながらベースを弾いている姿を、他のプロモーションビデオでも何度か見たことがありますが、あんな風に好きな事をいかにも楽しそうにする人っていいな~と、ちょっと尊敬の眼差し+目がハートになりながら見てしまう中村正人でした。

あとはプロモーションビデオに出て来るオレンジの服の女の子もとてもイイ感じで、主役の吉田美和に飲み込まれることなく彼女もとってもかわいく輝いていてよかったです(^^)

強いてマイナスな点を挙げるとすれば、この曲はビジュアルな部分でかなりプラス要素を押し上げている曲なので、歌だけを聴いた人の中にはちょっと共感できないとか、ドレミの歌っぽくてそんなに優れた曲というわけではないのでは?と思う人がいてもおかしくないかな、という気がします。が、一度でもビデオを見てしまうと何度でも見たくなる(踊りたくなる^^?))ちょっと癖になる一曲でした。