2014年7月22日火曜日

夏休み 33日目:Book Day ~ 目標 20 冊 & "The" の発音!?

今日もどちらかというといまいちなお天気で、涼しくて過ごしやすい日だったので、本屋さんで半日本を読んで過ごす "Book Day" の予定だったのですが、家の掃除やら洗濯もあり、やや出不精気味だったので予定を変更して 「うちにある本を20冊読もうデー」にしてみた所、意外と順調に 20 冊クリア。ジャックの一年生の時の先生は本当にいい先生で(今頃出産を目前に控え自宅で静養中だと思うのですが)、彼女がいつも「レベルに合った本を読むのが一番」と言っていて、うちでもなるべくジャックがスラスラ読める本から始めようと思っていたのですが、読んでみたい本が必ずしも読める本ではない事も多く、読み始めても途中で投げ出してしまう... という事が何度かありました。ジャックの読み書きのスキルは(アメリカ人の標準から言えば)標準レベルだと思うのですが、子供の頃に本の虫だった親としてはもうちょっと本を読む楽しさとか、読める楽しさみたいなものを味わっても良いのではないかな? という期待もあり、今日はこれまで培った読書力を試すべく、20冊読んでみよう! という目標を掲げてみたところ、持っている本の中から簡単に読めそうな本を 20 冊選ぶ所から始め、その際にページをパラパラとめくりながら、あ、これは読めそう、これは長そう、これは文字がぎっしり、とある程度の分類ができ、さらに、このお話は好きな話、この本はまだ読んだ事がない… 等、ジャック自身で選んだ 20 冊を読破。途中休憩したりおやつを食べたりして小休止はあったものの、時間にして延べ 2 時間半。赤ちゃんの頃に親が何度も読んで聞かせていた本も、今では自分で読めるようになりちょっと嬉しそうでした。簡単な内容とは言え、1冊平均32ページの絵本を20冊も読めたのは大きな自信にもなったようで、次は少し難しい本で、一日に 5 冊ぐらい軽く読めるぐらいの内容(50 ページぐらいのものか、文字の量が倍ぐらいあるもの)の本を読ませるように少しずつレベルを上げて行きたいところ… 自分の経験上、子供の時に本をたくさん読んでいただけで、かなり読解力がつき、小学校、中学校程度の勉強だとほとんど授業だけで理解できたので、ジャックにも(読書が苦痛だと感じないようにしながら)本を読むのを日課にして欲しいと思います。

ところで、英語の発音だけなら、既にジャックの方が自分よりも全然キレイな英語の発音ができる上、自分の発音の間違いを正される事も多いのですが、本の中の look at the ice という箇所の "the" の発音が「ザ」で、それって「ジ」なんぢゃないの? と言うと、マミーは日本人だからわからないかもだけど、「ザ」でも「ジ」でもいいんだよ、とのたまう 7 歳児。えーっ? そうなの? と思い、アフター 5 になる頃に、旦那に電話をして look at the ice は母音の i が来てるから「ジ」なんぢゃないの?  ジャックがどっちでもいいと言うんだけど? と聞いたら、「実は僕も知らなかったけど、そういうルール(=母音が次に来る場合は「ジ」と発音する)があるらしいんだよね。ちょっと同僚(=アメリカ人)にも聞いてみるから待ってて…」という返事が(;´Д`)

そしてほどなくして送られてきたテキストメッセージには「I asked several folks around my office. I was not the only person who didn't know the rule :)」との返事が下のリンクと共に送られて来ました(;´Д`)


How to Pronounce "the" in English (英語で "the" を発音する方法)
http://www.englishclub.com/pronunciation/the.htm

自分が日本語の文法を熟知していないように、英語が母国語だからと言って、文法や発音のルールをマスターしているわけではないのだな... というのを思い知った瞬間でした… が、片親が外国人だと益々いい加減な英語がはびこる可能性も大で、自分もジャックの読んでいる本のレベルから毎日20冊ぐらい読まねばかもしれませぬ(;´Д`)