2014年7月26日土曜日

夏休み 37日目:バースデーパーティー@Sky Mania & マナーと躾

今日は朝10時から始まるバースデーパーティーに招待されていたのですが、朝寝坊一家で週末という事もあり、完全に朝寝坊。ジャックが 9時50分に起こしに来なかったら絶対パーティーをすっぽかしていただろうと思うと、間に合ってよかった~(ほっ)と思いました。長い夏休みも既に 37 日目。今週頭にバースデーボーイの B 君のお母さんから招待のメッセージを貰った時に、朝10時の文字に一瞬躊躇したものの、イギリスから帰国早々、時差ボケで疲れている所へパーティーの企画で、早く人数を確定したいだろうと思い、参加OKの返事を即日返答。
バースデーパーティーを企画する親の立場にしてみれば、予算やら Goody Bag の数やら子供には見えない所で色々と大変だろうと思ったので、寝坊ですっぽかしたりせずにちゃんと行けてよかったです(^^) 夏休み中なので、きっと旅行中だったり、先約があって来られなかった子がいたんじゃないかな? と思いますが、ジャックのクラスからは、バースデーボーイの B 君も含め、うちの近所の D 君と、母親がモデルみたいにキレイな金髪一家 T 君の計 4 人で、ジャックも久々にクラスメートと会えて楽しかった模様(^^) 
ところで、ジャックは基本的にはよい子なのですが、一人っ子だからなのか? 時々自分の基準からすると信じられないような事をやってくれることがあるのですが、今日のパーティーでも、ふとみるとどこからどうみてもバースデーボーイ用(主賓用)の席に座っていてドン引きしてしまいました。一応、そこは B 君の席だから他の席に座るようにと促したのですが、その頃には B 君は末席に移動していて、なんかホントに申し訳なかったです。もしジャックが正面ど真ん中に座ってさえいなければ、B 君が真ん中で、隣に座りたがっていた仲良しの男の子が左右のどちらかの一席に納まったのに.. 
こういう事がある度に、空気が読めない一人っ子ってなんか残念というか、迷惑だよな~と我が子ながら思ってしまいます。ちなみに弟と妹がいる B 君は親の躾のせいもあると思うのですが、隣に座りたがった男の子の近くに椅子を持って移動してあげたり、ジャックにも「そこの席に座っていいよ」と声をかけてくれたりと何とも心配りのできる子でした。この話を家に帰ってから旦那に話し、ジャックにも、お友達のバースデーパーティーに招待されたら、ジャックは招待客の一人であって、パーティーの主役ではないから、自分のやりたい事を優先し過ぎないように! と言い聞かせました。 
中国の一人っ子政策の弊害の一つに、自己中心的でわがままな子供達の問題がありますが、うちの子の行動を見ていると、天然自己中な人間はこうやってできるのかもしれない、と妙に納得する事も… 常に家族の中心にいて、我慢とか譲るという状況が日常生活の中で生まれにくい状態だと、バースデーパーティーの会場に、華やかな席があると真っ先にそこに座りに行き、それの何がいけないのかすらわかっていなくて、自分的には「ド厚かましいにも程がある!!」とそんな事も教えないといけないのかとややガッカリ。 
でも、そういう事を一つ一つ教えていかないときちんと礼儀をわきまえた大人になれないだろうと思い直し、旦那と一緒にジャックには色々と言い聞かせた午後でした。その件以外では、ジャックも普通によい子にしていて、バースデーケーキを食べた後は、友達や友達のお父さんとビデオゲーム対戦をしたり、楽しいバースデーパーティーでした。自分も超モデル系のジャックのクラスメートのお母さんと、ジャック達の担任の Mrs. G 先生の話をしていたのですが、そのモデル系のお母さんとも G 先生は素晴らしい先生だったという話で盛り上がりました。彼女も子供達が歌う ”Smile Connects Us” に感動していた一人で、二人で G 先生が無事に元気な男の子を出産できているといいですね~という話をしていました(^^) 

パーティーが終わった後は、近所の D 君とジャックを一緒に連れて帰るからお迎え不要ですよ~、と D 君のご両親にテキストメッセージを送り、暑い日だったので二人を連れて近所のお店でアイスクリーム休憩をしてから帰宅したのですが...  実は以前からちょっと気になる D 君の行動が今日はさらにエスカレート(><)朝寝坊して遅れて行ったバースデーパーティーの会場で、自分の姿を見るなり満面の笑顔で駆け寄って来てハグをしてくれた所まではよかったのですが、その後もモンキーハグ(ガシーっと両手両足で上半身をロック)をされ、そのまま唇をタコちゅうの形にしてキスをしようとしたり、パーティー会場を後にしてアイスクリームを買いに行った時には、なんと!? キミはドラゴンボールに出て来る亀仙人かっ? と白昼の店内で顔を胸の間にうずめられ、そこでブハーっとか熱い息を吹きかけられ、え? えーっ? えーーーーーっ?? あっという間の出来事で、いつも怒るタイミングを逃してしまうのですが、旦那曰く、何をされてもニコニコしている日本人のお母さんをやっていてはいけない、その場ですぐに怒りを顕わにして叱らないと!! と注意されたのですが、いつも不意打ちを食らっていて、今度やったらハッキリと言わねば! と思いつつ、なかなかきちんと注意できずにいます。難しいのは、無邪気なハグとそうでないハグの切り分けが微妙な時や、ジャックのクラスメートの子供達にも授業のボランティアで教室にいる時などにハグをされたりする事があり、ハグ自体をしないように、とは言えないというか、言いたくないというか… 挨拶としてのハグは大人になってもするものなので、適切なハグ、適切な対応を! と思っているのですが... 悩ましいです。旦那は、自分が日本人で小さいから、子供にもアプローチされやすいのだろう、と、日本人=小人ネタで多少冗談交じりに話したりもするのですが、プレイデートで子供達と一緒にいる割合が高いのは自分の方なので、やはり自分がきちんと対応しなくては... なんだろうなぁと思うと悩ましいです。正直悔しいとすら思うのは、他のお母さん達(縦や横に大きかったり、小さな赤ちゃんを抱いていたり、ベビーカーを押していたり、と、いかにも触りがたい雰囲気)にはそういう仕草を見せないのに、自分に対してはきっと脅威を感じないから、そういう事をするんだろうなぁ... と。ナメんなよーっ! と心の中で思っても、実際には相当ナメられてる自分です(><) 明日あたり、向うのお母さんと話をしてみようかな...と思案中ですが、夏休みの後半は日本だし、もう少し様子を見つつ、自分が強い態度で臨むしかないのか... ウウム、悩み所です。でもこれが、男の子を育てる、という事なんだろうなぁ... と、子育ては奥が深いです...