2014年7月29日火曜日

夏休み 40日目:3 年ぶり、カヤックで行く Mercer Slough ネイチャーパーク(^^)

昨日はパドルの部品が足りずに遠出を断念したカヤックですが、ジャックがカヤックで遊びたがったので、夕方 4 時頃から Enatai Beach へ。ラッキーな事に今日もビーチに一番近い駐車場に止める事ができ、2日目なので手際よくカヤックを膨らませ、目指すは Mercer Slough ネイチャーパーク(^^) 雲一つない青空の下、まずは I-90 の下をくぐり抜けるとその先には Mercer Slough への入り口が... ビーチからここまでの間は、小型・中型のボートが通ると波が立ちやや揺れる事もあります。
Mercer Slough に入ると波もなく緩やかな流れになり、軽くパドルで漕ぐだけで静かにカヤックが進んで行きます(^^) 紫外線対策も兼ねて夕方からのカヤックでしたが、夕方でも刺すような日差しで、サングラスか帽子を持って来た方がよかったな... と思いました。

水面はまるで鏡のようで、水面に映る景色を見るのも楽しみの一つです。また所どころ背の高い木や植物が生えている所には木陰もあり、照り付ける日差しがちょっとキツイかな? と思ったら、涼しい木陰でしばしパドルを休めて休憩モード。 また他のカヤックとすれ違う時にも、他の人達の進行の邪魔にならないようにと、やや端の方に寄せて道を譲ったりして、ゆっくりと進んで行きました。
時々家族で散歩をしに来るハイキングトレイル(Lake to Lake Trail の一部で Mercer Slough ネイチャーパーク)の途中にある橋の近くまで来ると、Downtown Bellevue のビル群が見え始め、ふと見ると水面にビルが映っているのに気付き、結構距離があると思ったのにすごいな~と妙に感心してしまいました。
船着き場で持って来たスナックと水を飲みながら小休止。水面に映る緑と、カヤックの先端に足を乗せてくつろぐジャックの姿がいい感じでした(^^) 自分の子供時代もそんなに悪くないと思っていたものの、こうやって夏休みの写真を撮り続けていると、ジャックって本当に恵まれているよな~と、思います。 
周囲にはトンボや糸トンボがたくさん飛んでいたのですが、じーっと動かずにいたら糸トンボがジャックの足に止まり、そのまま暫くジャックもトンボもじーっとしていました。こういう機会はありそうでなかなかないので、ジャックってかなりラッキーだなといつも思います(運だけはいい方だった自分と似てるかも^^?) 
船着き場での休憩を終えてここから U ターン。この時点で午後 7 時。カヤックのグループツアーやレンタルの人達は午後 6 時頃にはほとんどいなくなる(レンタルカヤックのお店が閉まる時間なので)ので Mercer Slough 独り占め状態だったせいか、帰りにはとても大きな青鷺(Blue Heron)が目の前を低空飛行で横切って行く所に二度も遭遇し、ジャックも自分も感動でした。羽を広げた姿や飛んでいる姿がとても優雅で、ちょっと神様入ってる感じでした。そして元彼とのカヤックでの思い出を越える、いい思い出にもなり、ジャックにとってもマミーと見た青鷺は感動的だった模様(^^)
帰りは意外に早くて、30 分ほどでビーチまで戻れたのは、パドルに慣れたジャックが漕ぐのを手伝ってくれたおかげでした(^^) カヤックの上から旦那にビーチへの帰還予定時刻と写真を送り、バーガーか何か買って来て~と手抜きピクニックディナーの配達をお願いしたら、会社帰りにバーガーキングに寄ってビーチまで来てくれました(^^)  ジャックと遊ぶのが仕事みたいな生活をしている自分に、旦那曰く「こっちは毎日リスのように働いているというのに、羨ましいぞーっ!」。去年の秋までは自分も常時仕事で忙しくて、ジャックとこうやって毎日遊んであげられる事などなかったのですが、子供が母親の手を離れて自分で遊べる年齢になる前に、こんな風に一緒の時間を過ごせるのはまさに Priceless だな、と思います(^^) 旦那にもそういう時間をもっと持って欲しいと思うのですが、週末にお昼まで起きて来ない生活を少々改善できたら、もうちょっと時間的な幅が広がるのにな~と。湖の上で、ジャックと似たような年齢の子供が一人でカヤックに乗っていて、ジャック共々、すごいね~あの子! と尊敬の眼差しで見ていたのですが、そういうのもジャックにはいい刺激になった模様。その後子供のお父さんらしき人がカヤックで近づいて来て、子供の乗ったカヤックを自分のカヤックと結び付け、二人でビーチの方へ戻って行きましたが、父親と息子でカヤックというのもなんかお洒落というか素敵な親子に見えました(^^) 

そんなわけで、水の事故にも遭わず、安全に岸まで戻る事ができ、楽しい Mercer Slough 探訪でした(^^)