2014年8月5日火曜日

夏休み 47日目:ウォーターフロントでディナー & 観覧車(^^)

超快晴の火曜日は、猛暑が続いていたおかげではかなり涼しく感じる一日でした。野球のマリナーズのゲームがある日で、夜7時前と夜9時半以降を外せば野球観戦の人達の混雑や渋滞に巻き込まれずにダウンタウンシアトルでディナー&観覧車に乗れるはず… と、今日は旦那に早目に仕事を切り上げるようにお願いして、4時頃スターバックス本社ビルのある SODO へ。I-90 もまだ渋滞していなくて、家から旦那の職場まで 20 分程で到着。仕事を 4時半頃切り上げて来た旦那とほどなく合流できました(^^)
ジャックと自分は来週から日本なので、夏休み最後の思い出になるように… と旦那も今週はなるべく早めに仕事を切り上げて、家で CATAN JUNIOR(ボードゲーム)をしたり、旦那なりに家族との時間を作ろうとしてくれているので、今日はシアトルの観覧車に久々に乗りに行くついでに、観覧車の袂にある Fisherman's Restaurant でお食事デー。一応旦那は仕事のスケジュールや、ラストミニッツの割安チケットがあれば東京で8月末に合流の予定ではあるものの、確率的には 50 - 50(五分五分)なので、老猫二匹とほぼお留守番組かな(^^? と。
平日は夜 8 時まで駐車料金がかかるものの、他の駐車場に比べると半額以下で止められる Alaskan Way 沿いの路駐が一番割安で、観覧車にも比較的近いのでおススメです。自分達も運よく観覧車に近い所に路駐でき、8 時までの分の駐車料金を払い領収書を車の窓に貼り付けて観覧車のあるピア57へ。途中でドリームキャッチャーを作っているネイティブアメリカン(インディアン)の人達がいたので、微々たる金額ですが寄付をして、そこで少々立ち話。 
ジャックが怖い夢を見始めた頃に、ドリームキャッチャーを買ってあげたら、怖い夢をあまり見なくなった、という話をしたら、その場にいたネイティブアメリカンの人達もニッコリ。映画の見過ぎかもしれませんが、お金では解決できない、何か本当に困った事があったら、カトリック教会か、ネイティブアメリカン(インディアン)のどちらかに頼るしかない(笑)と思っているので、なんとなく旅行前のげん担ぎとしても、ネイティブアメリカンの人達への寄付は旅の安全祈願によいかも(^^?  と、IT 業界に長くいた割には非科学的な物もかなり信じている自分達でした(^^) 因果応報ですからね...(^^;
ほぼ「留守番決定」な旦那のために、It's on me(私の奢り)だから... と言うと、嬉しそうにビールやら好きな物を注文し始める旦那。ま、去年も8月の終わりは仕事が忙しくてアラスカクルーズに行けなかったり(ジャックが代わりのピンチヒッターで着いて来たり)旦那的には割と貧乏くじを引いているので、Seafood ディナーで Happy になれるなら安いものだな... と。
Fisherman's Restaurant & Bar は旦那と来るのは初めてだったのですが、ウォーターフロントの絶好の立地条件に加え、観覧車が出来てからは観覧車の真下にあるレストランとしても抜群のロケーション(^^) 観覧車を見ながらまずは前菜に頼んだ Bay Shrimp カクテルとビールとクラムチャウダーで乾杯(^^)
旦那とジャックはパスタを注文。旦那のパスタはエビや貝がたっぷり入った Seafood Pasta で、ジャックはバターとパルメザンチーズのバターヌードル(パスタ)。食わず嫌い大王のジャックは、ピザでもパスタでも割とシンプルなものを好み、美味しそうなエビとかには見向きもせず... せっかくあちこちのレストランに連れて行っているのにちと勿体ない気も...(このぐらの年齢だと、マカロニ&チーズから卒業しただけでも進歩と言うべきなのかも^^?)
自分は Ahi Tuna(キハダマグロ)のたたき、ワサビ醤油風味。肉厚で柔らかいマグロをワサビ醤油でいただきながら飲むビールがまた格別でした(^^)  お寿司が好きな旦那なのですが、赤身の魚はあまり好きではないという事で、それもなんだか勿体ない... と思う自分。この美味しさを分かち合えないのはちょっと残念ですが、とりあえず美味しさ独り占めで完食(^^) ちなみに、子供連れだとお隣にある回転木馬の乗馬券をくれるようで、レストランを出た後は回転木馬に乗って来ました(^^) 自分も乗りたかったので自分のチケットを購入(ちなみに馬に乗らずに立っているだけなら無料です) 
回転木馬の後は本日のメインイベントの観覧車。観覧車を建設中には、こんな雨の多い街に観覧車なんかあっても赤字確定なんぢゃないか? と思ったものですが、こうやって夏の晴れている日にウォーターフロントに観覧車があるだけで楽しい気分になれるので、やっぱり観覧車はウォーターフロントに一つは必要なアイテムだな、と思いました。時間帯のせいなのか? 平日だからなのか? はたまたマリナーズゲームの日だからなのか? 比較的空いていた観覧車。乗るまでの待ち時間も殆どなくてよかったです。 
日本人の感覚から言うと、出血大サービスとも思えるシアトルの観覧車。エアコンが効いた観覧車に乗り、ぐるりと三回転。三回も回ってくれると山も海も街もじっくり見る機会があってよかったです。ところで、途中で席を入れ替わった時に「え? 何コレ? 臭っ!?」と思ったら、旦那がオナラ(しかもすかしっ屁)をしていて、ジャックと一緒に「信じられな~い!!」と怒りを顕わにしていたらエアコンから冷風がシューっと出て来て、これ絶対スピーカー越しに聞こえてるよ~、と「28番の観覧車の太ったアメリカ人のオナラ臭すぎ~!!」と言いながら、係員の人達の前を通過する度に大爆笑でした(^^; 
「観覧車に乗る時はビールを飲んだらダメだね...」と、あたかもすかしっ屁はビールの所業のような事をのたまっていた旦那ですが、これが恋人同士の関係だったら絶対にあんな閉じた空間ですかしっ屁などしないと思うので、結婚して 8 年も経つと緊張感がなくなって色々と緩んでくるのだな~と(ーー; 滅茶苦茶迷惑だわ! と思いました。英語で年寄りの事を「Old fart」と呼ぶのはこういう所から来ているのかも? …  観覧車の後はアイスクリームを食べたいという旦那の希望でアイスクリームを買って食べていた二人。 
アイスクリームの後はお土産屋さんを軽く流し、ジャックは今年優勝したフットボールチーム Seattle Seahawks のロゴ入りミニフットボールを旦那に買ってもらって大喜びでした(^^) 日没に近い頃、マリナーズのゲームもまだ四回表あたりで、ゲーム後の大渋滞に巻き込まれる前に球場の近くにある旦那のオフィスへ旦那を送り届け、旦那はそこで自分の車に乗り換え、自分は一足先に湖を渡ってイーストサイドへ。球場の近くはまだゲームが中盤だったので道路も歩道もガラガラで、来た時同様スムーズに家まで帰れました(^^) 旅行前に下手に風邪など貰っても嫌なので、今週はジャックを連れて出かけるのは今日が最後の予定です。長いようで短いシアトルでの夏休みももう終盤…