2014年8月12日火曜日

夏休み 54日目:アシアナ航空で行く日本 ~ 羽田エクセルホテル東急

遅れ馳せながら、夏休みが終わる前に、夏休み中のブログの更新 & 日本旅行記です(^^) 今回の旅行は実は5月頃にはほぼスケジュールが確定し、各種チケットも抑えていたほど、自分にしてはかなり用意周到な旅行でした。というのも、前回の帰国時とは違ってジャックを連れて半月ほど日本に帰るので、とにかく子連れでもできるだけ体力的にも経済的にも負担がかからない旅行にする事が目標でした。
そんなわけで今回は初めてアシアナ航空便で、ソウル経由の日本だったのですが、アシアナ航空が一番安いチケットを出していたというだけでなく、今回は韓国に家族揃って帰国した元マイクロソフトの同僚とソウルで再会(^^) というプランもあって、日本だけじゃなく韓国もちょっぴり体験してみよう!という旅行でした。 ジャックは相変わらずぬいぐるみ達(通称「おともだち」)を10匹ほど引き連れての旅行でしたが、ぬいぐるみ達が枕代わりになったりして、フライトの間、実は意外と役に立っていました。
アシアナ航空は噂通りフライトアテンダントの皆さんがとても親切 & 機内食が美味しく、エコノミークラスで旅をする際、いつもは一口食べて下げて貰っていた軽食もことごとく完食し、日本に着く前から肥満への階段を上り始めていた自分(><)アシアナ航空の機内食で特筆すべきだったのは「ステーキ」。自分は韓国人の知人に聞いた通りビビンバを選んだのですが、ジャックはステーキの方を選んだのですが、そのステーキの肉の厚みと焼き具合が機内食とは思えない質の高いステーキでジャックの分も完食。ホントにイマドキそんな柔らかい肉を機内食で出すとは!! ちょっと感動でした。
日本行きの乗り継ぎの待ち時間はほんの 2 時間ほどで、あっという間に搭乗の時間に... 空港での 1 時間はなんでこんなにあっという間なのだろう? とよく思いますが、帰りの乗り継ぎは10 時間ほど時間があるので、韓国人の友人K と会って食事をしたりする時間が十分ありそうです(^^) とりあえず、韓国に降り立った後、空港から友人 K へメッセージを送り、20日後にソウルに戻って来るからヨロシク~と言い残し、一路東京羽田空港へ… 
今回は飛行機のチケットと羽田空港第二ターミナル直結のホテル、羽田エクセルホテル東急に一泊のパッケージを買っていたおかげで、羽田に夜遅く到着した後も、国際線のターミナルから無料のシャトルバスで第二ターミナルまで移動するだけで滞在先のホテルに到着で超楽勝でした。ジャックを連れて夜遅くに羽田から都内のホテルに移動というのは面倒だな、と思っていたので、羽田エクセルホテル東急をパッケージで予約でき実にスムーズな帰国第一日目の夜を迎える事ができました(^^)
特に翌日国内線で九州の実家へ帰る予定だった事もあり、ホテルを一歩出たら ANA のカウンターの前に出て、そのまま出発ロビーに行けて本当に便利でした。翌日は、午後一の便で九州だったので、午前中はホテルでゆっくり朝食を取り、その後第二ターミナル内をジャックとウィンドーショッピングをしてまわり、チェックアウト後は ANA のカウンターでチェックインをして余裕で国内線に乗れました。
出張者などビジネスホテルなのかと思ったら、子供にも親切に対応してくれて、ジャックもかわいいクマさんの袋に入ったアメニティグッズをもらい長旅の疲れが少々癒されました(^^)
小さいながらも気持ちのよい部屋とバスルームと窓の外には国内線の飛行機が見え、立地の便利さに加え、居心地のよいホテルでした(^^)  とても便利な羽田エクセルホテル東急の公式サイトは以下の URL を参照してください。
http://www.haneda-e.tokyuhotels.co.jp/ja/