2014年8月15日金曜日

夏休み 57日目:おじいちゃんんと五目並べ(^^)

囲碁が趣味で有段者の父。本当はきっと孫よりも息子と碁を打つ日を楽しみにしていたと思うのですが、お盆休みで帰省中の弟は、ひたすら部屋に籠ってマンガを読む日々で、父の相手をするでもなく… ま、親子で勝負というのは喧嘩の元かもしれないので、それはそれで平和を保っているのかも? ですが、小さい頃からパズルやらチェス等、戦略型思考型ゲームを教えているジャック(碁も一応教えたのですが)に、おじいちゃんと五目並べをして遊ぶように勧めたら、思いっきり五目にハマったジャックでした(^^)
五目並べの基本ルールは既にマスターしているジャックに、禁じ手の三三等を教え込み、また勝ちパターンを色々と教え込んだら、さらにコツがわかったようで、どんどん互角のゲームができるようになったジャック。ほとんど毎朝、毎晩おじいちゃんと五目並べをしていたおかげで、勝率もどんどん上がり、ジャックがノートに書き記していた勝ち星表を見たらほとんど5勝5敗というか五分五分の勝率をあげていました(^^)
居間で夕食の前に一試合し、夕食の後にさらにまた五目並べで遊んだり… (^^) 
朝もおじいちゃん達が起きている足音が聞こえると、おじいちゃんと五目してくる! と朝食前からおじいちゃんの書斎へ遠征に行くジャック。
キッチンで朝食の準備の手伝いをしつつ、書斎の方を覗き込むと、ジャックが勝っているようで「Mommy! Can you come here and watch me?」(マミー、こっちに来て試合を見ててくれる?)と何度もせがまれ、その度に将来の思い出に… と二人の写真を撮ったりしていました。
この手のゲームに限らず、負けると二度と遊びたがらない子供もいたりするのを考えると、ジャックは負けても負けてもコツがつかめるまで何度も対戦しているうちに Sweet taste of victory(勝てる喜び)を噛みしめられるようになり、負けても Good Game と握手で相手を称える事もできるぐらい、今回はちょっと大人になったかな(^^? と思いました。
ジャックにとっても今年の夏休みはおじいちゃんと楽しい思い出ができて、いい夏休みになってよかったと思いました(^^)

ちなみに、ジャックを相手に五目並べをしてみたら、四勝一敗ほどで、マミーの方がまだまだ強かった(というか、抜け目のない守りと言うべき^^?)です。