2014年8月17日日曜日

夏休み 59日目:唐津へ海水浴旅行 Day 1

九州での夏休みのハイライトでもあった、2 泊 3 日の唐津への海水浴旅行。3 年前の夏はうちの母とジャックと自分の 3 人で日帰り海水浴旅行だったのですが、4 月に両親と東京で会った時に、2人とももう高齢なので海に泳ぎに行ったりしないような感じだったので、最初は自分とジャックの分だけ宿の予約。でも、もし孫と一緒なら海にも来るかも? と思って聞いてみたところ「もちろん行きます」というメールが速攻で帰って来たので、5 月中に両親の分も含めて宿を予約(^^) 最近自分も年を取ったせいもあり、後ろに予定が詰まっていなければゆったり 2 泊のルールに沿って宿を予約。
日曜日の天気予報は、海水浴には最低のお天気のはずが、ご覧の通りの快晴に(^^) 日頃の行い(^^? のおかげか、または本当に強力晴れ女だからなのか? ここ一番では常にお天気に恵まれるラッキーぶり(^^)九州では一般的にお盆を過ぎるとクラゲがいっぱいで、海水浴はできない場合が多々あり、クラゲ対策も考慮して、プール完備の唐津シーサイドホテルにしたのですが、今回はクラゲも全く見かけず、プールだけでなく海で泳ぐのにも最適な一日でした(^^)
実家からホテルまでは、車で1時間半弱の距離と近い事もあり、どちらかと言うと日帰りの海水浴客の方が多いと思うのですが、宿泊していると、朝から晩まで好きな時間にビーチを散歩したり、貝拾いをしたりできるので、のんびり過ごせて断然よいな~と思いました。さらに自宅だと休む間もなく、掃除、洗濯、料理をしている母にも、たまにはのんびりしてもらうのもよいかな... と断然連泊推奨でした(^^)
天気予報が大幅にハズレ、気温も海水の温度も高く下手をするとプールの水よりも海水の方が温かいぐらいの海水浴日和(^^) 前回唐津に来た時よりも断然泳げるようになっていたジャックは、浮き輪無しで果敢に波に向かって泳いだりして、ものすごく楽しかった模様(^^) 自分も一緒に海やプールで泳いでいたのですが、海水の温度が高かったので本当に気持ちよかったです。 
唐津の海は、砂浜側には有名な虹の松原があり、鏡山や唐津城も見え、海側には小さな島が見え、だだっ広い太平洋が見えるだけのアメリカ西海岸のビーチに比べるとなんだか風情があっていいな~と思います(^^)
こちらはジャックと二人で波打ち際で波を待っている所。 浮き輪無しで泳げるようになったとは言え、夏休み中の水の事故を防ぐべく、ジャックの傍半径 2m 以内ぐらいにへばりついていた自分。「遠足は帰るまでが遠足」なので、怪我や溺れたりしないように、と、監視員のいるプール以外での遊泳時には常にジャックを見ながら泳いでいました。そんな親心とは裏腹に、遠浅の海なのでどんどん沖の方へと行きたがるジャックでしたが、かなり遠くまで行ってもまだ足が着くので子供にも遊びやすい海でした。
自分とジャックはチェックインの時間の前から海やプールで泳いでいて、夕方頃ようやく部屋にチェックインしたのですが、初日は海に入らず一足先に部屋にチェックインしていた両親は、虹の松原や鏡山が見える部屋でのんびりしていました。
海から上がって両親の部屋を訪ねて行ったジャックが「自分達の部屋よりも景色がいい~」と羨ましがっていたのですが、ホントにバルコニーから見える景色がとってもいい感じのお部屋でした(^^) ちなみに朝食付きで一泊お一人様 6,000円程で、東京に比べるとかなりお得感溢れるホテルでした(^^)