2014年8月19日火曜日

夏休み 61日目:唐津へ海水浴旅行 Day 3 ~ 唐津城

海水浴旅行最終日は、 ホテルからも見える位置にある唐津城の天守閣へ上って来ました。ホテルから唐津城までは数百メートルの距離で、ホテルをチェックアウトした後、家に戻る前に最後に立ち寄ってみました。(うちの両親的には唐津城はどーでもよかったようなのですが、上からの眺めは結構よくて自分的には唐津に来たら必見の観光地の一つです)
唐津城の入り口まではエレベーターで登れるようになっていて、自分達もエレベーターを使ってお城への入り口がある所まで上りました。 
時々雨が降ったり止んだりする中、エレベーターの降り口からお城の入り口までほんの10メートルほど歩き場内へ。
場内には色々な展示物が飾られていましたが、写真撮影禁止のサインが貼ってある所が多かったので、とりあえず城内の回廊の写真のみ撮影。
鯱(しゃちほこ)のついた瓦屋根、最近では一般の住宅では見かけなくなりましたが、それでも昔からある大きな家の瓦屋根には同じような鯱の装飾がついていて、なんか妙にカッコいいな~と思うのですが、お城の鯱を見ると、それだけで美術品のようでいいなぁと改めて思いました。
天守閣の上から見た城内の建物。生い茂った木に囲まれて屋根の一部しか見えていませんが、日本に生えている木がモコモコして見えるのは気のせいではない気が... 
高所恐怖症の自分は、風が吹いていると吹き飛ばされそうな気がして実はちょっと怖かったのですが、ジャックは全然怖がる事もなく、各方向に面した双眼鏡で遠くの景色を見たり、狭い通路を走り回ったりしていました(走り回る姿には、見ている方が怖かったです)
天守閣、最上階。ここから外の展望エリアに出られます。
天守閣からの眺め。前方には虹の松原が砂浜に沿って広がり、手前には海と川に挟まれた唐津の城下町が見えます。
山側も海と川に挟まれた唐津の城下町が広がっています。
唐津には鳶がよく飛んでいて、ホテルの近くでも数羽飛んでいるのを見かけましたが、唐津城の周りにも数羽がお城の周りを旋回しながら飛んでいてなかなか壮観でした。