2014年8月25日月曜日

夏休み 67日目:LEGOLAND 東京

東京滞在中に雨に降られても楽しめるような全天候型の子供向けの遊戯施設をいくつか探していた中で、真っ先に候補に上ったのが お台場にある LEGOLAND。滞在先のホテルからも徒歩圏内(徒歩 5 分弱)と便利な場所にあり、サンディエゴにある LEGOLAND にも行った事がないジャックにはきっと楽しいに違いない! と思っていた場所の一つでした。夏休みなのでかなりの混雑が予想され、朝一で出かけると多少混雑を避けられるという情報を元に、午前中に入場の前売り券を T ちゃんに頼んで購入。
アメリカのサンディエゴにある LEGOLAND にはきっとそんなルールはないのでは? と思うのですが、おたくな人達が多い日本だからか? 「大人だけの入場はご遠慮下さい」や、大人だけで入れる日が設定されていたりして、そんなにいいの? LEGOLAND って? と逆に興味が湧いてしまいました。そんなわけで、休暇中の T ちゃんにも、ジャックがいるから大人二枚子供一枚で一緒に LEGOLAND に行ってみよう! と誘って三人で LEGOLAND 東京へ。
今回もインターネットのおかげで、LEGOLAND へ行くなら絶対に前売り券を買うべし! 等の有効な情報が得られてよかったです。当日券と前売り券では最大 700 円ほど違うとの事。ランチ代分ぐらいの違いですが、三人分ともなるとかなり得した気分でした(^^) 混雑時には入場制限もあるらしい LEGOLAND 東京でしたが、午前十時の開園に合わせて行ったら、中にある乗り物系アトラクションや噂の 4D ムービーも待ち行列ほぼゼロで楽しめました(^^) 
その中でもジャックが一番気に入っていたのがこちらの Race Car を作って走らせるコーナーでした。ここには総計で2時間ぐらいいたような気が…(^^; 子供に混じって大人も Race Car を組み立てていたのですが、その半端ない完成度と集中ぶりに「大人だけの入場はご遠慮ください...」という注意書きはなんかわかるよーな気がする… と思いました。 
何でも一緒にやりたがるジャックなので、自分も一緒に Race Car を組み立ててみましたが、ちょっとコツがいるというか、見栄えがいいだけじゃ真っ直ぐちゃんと走らなかったり、急斜面のコースでは着地と共に車体がバラバラとか(笑)LEGO はエンジニアリング系を目指す子供にはとてもいい玩具(というよりツールに近いかも?)だと思いました。 
30分おきに上映の噂の 4D ムービーも二回鑑賞できて、日本語がわからないジャックにも十分楽しめてよかったです。もっと真面目な内容かと思ったら、スカンクのキャラクターのおならに始まり、最後もおならで締める(^^;; という、ちょっとふざけた内容だったのもジャックのツボにハマりまくりでしたが、なんと言っても(泡の)雪や霧水が天井から降ってくるのが大人にも子供にも楽しい演出でした(^^) 
4D ムービーの後はまたシューティング系のアトラクションに行ったり、Race Car コーナーに戻ってまた自作の車を作っては他の子供達と一緒にレースをしたりして楽しんでいました。ここでも日本語が全然できないジャックながらも、すぐに他の子達に溶け込んで、楽しそうに遊んでいました(^^) ジャックの性格云々よりも、これが LEGO の魅力というか底力というか、言語を越えた言語なんだなぁ~と思いました(^^)
散々 LEGO で遊んだ後は、出口付近に設置してあった NINJAGO の忍者トレーニングにハマったジャック。夏休み中とは言え、月曜日を選んだのは正解だったな~と、終始長蛇の列に巻き込まれずに LEGOLAND を楽しめてよかったです。NINJAGO トレーニングは、レーザー光線の罠に引っ掛からないようにしながら、入り口から出口まで規定時間内に通り抜けるという単純なトレーニングなのですが、ジャックがいきなり光を遮ってしまい赤色のアラームがつきまくりで見ている方は笑ってしまいました(^^;; それでもジャックにはかなり楽しいトレーニングだった模様(^^)
滞在時間平均 2 時間程度… という情報だったのですが、LEGOLAND 初体験のジャックはなかなか帰りたがらず、結局 4 時間以上 LEGOLAND にいた自分達でした。今回の体験で、サンディエゴの LEGOLAND への期待もかなり高まり、ジャックにとっても LEGOLAND の楽しさを体験できる良い機会になってよかったです。

余談ですが、日本に子供連れで帰省する人達がよく行くキッザニアは、日本語ができないジャックにはいまいちツボにハマらない可能性があったので、同じような全天候型施設でも今回はパスでした。