2014年8月27日水曜日

夏休み 69日目:東京トリックアート美術館

滞在先のグランパシフィックホテルから歩いて 5 分ほどの所にあった東京トリックアート迷宮館(TOKYO TRICK ART MUSEUM)ここも雨が降っても天候に左右されず楽しめる観光地としてチェックしていた場所ですが、隣接するビルにあるお台場一丁目商店街で買い物をした後、午後に予定していたお墓参りと親戚へのご挨拶まで多少時間があったのでジャックを連れて見に行ってみたら、予想していた以上に面白かったトリックアート迷宮館でした(^^)
入場券を買って中に入ると、係員の人からまずはトリックアートの鑑賞方法について簡単な説明を受け、写真を撮る時にポイント等を聞き、展示してあるトリックアートを順番に見て回ります。平面に描かれた絵が、単に立体的に見えるだけでなく、自分達もそのトリックアートの一部になれるのがなんとも面白かったです。

ジャックの一番のお気に入りはこのジョーズみたいな鮫と一緒の一枚です。この写真は、ジャックが手足を広げて床に寝ている写真を 90度回転させたものです。実際に写真を撮っている時にはこんなに面白い写真になるとは思っていなかったのですが、肉眼で見るよりも写真で見て楽しいアートもあるものなんだな~と新発見でした。

こちらも平面の絵の前に座っているだけなのですが、絵の前にしゃがんでみると、ワイングラスの中に閉じ込められているような感じに見えます。

この一枚はちょうど近くにいたカップルの人達の写真を撮ってあげたら、そのカップルの人がお返しに撮ってくれた写真です(^^)

ゲゲゲの鬼太郎とか、日本のお化け文化に全く精通していないジャックには、こういう動物系のアートの方が親しみが持てたのではないかな? と思います。お化け系は、結構小さい子供には怖いのではないかな? と思ったのですが、実際、泣いたりする子がいないのかな? 
この猫の絵もお気に入りの一枚でした(^^)
こちらは左右対称の絵が掛かっていて、あたかも鏡に映したような感じになっていました。
ちなみに各アートの横にトリックアートの説明と、どういう位置で写真を撮ると面白い写真が撮れるかが載っていて、ジャックも日本語は全然読めないものの、説明に付いている写真通りのポーズをトリックアートの前でとっていました(^^)

東京トリックアート迷宮館の公式サイト
http://www.trickart.info/