2014年8月31日日曜日

夏休み 73日目:夏休みで一番一日が長かった日 (1) ~ 韓国半日観光

帰りのフライトは韓国の Incheon 空港(ICN)経由シアトル行きで、午前 8 時半には Incheon 空港に到着。まずは空港の無料 WiFi を使って、マイクロソフト時代の同僚で仲良しの K に空港内の待ち合わせ場所によさそ気な場所の写真を送っておいて、K が待ち合わせの時間に到着するまでジャックと一緒に空港内を散策でした。待ち合わせの時間は余裕を持って午前10時にしておいたのですが、9 時半頃には既に空港内にいるというメッセージが来て、ほどなく合流できました(^^)
友人 K と合流する前に、日本円で韓国のウォン(KRW) を買っておいたのですが、やたらとゼロの数が多いお札に、いくらなの^^? と悩みました。ウォン、桁多すぎ(笑)Facebook と Snapshot に韓国プチ観光の写真をアップしてあるので、Facebook で友達(の友達まで)の方はFacebook のアルバムを、その他の方で興味のある方は Snapshot をご覧下さい。(実は気が付かない内に Facebook のプライバシー設定が Friends Only から Public に変わっていたので再設定し直した所です。これまで写真が見えていたけど見えないという方は自分の友達リストにない方々です)
乗り継ぎの待ち時間が10時間ほどあるフライトで、チケットが安いだけの事はあるな... とも思ったのですが、韓国にいる友人と会うまたとないチャンス! と思ったら、安くて家に帰り着くまでやたらと長い時間がかかるこのフライトプランがとっても魅力的なチケットに見えたのでした(^^) そしてその読みは正しくて、実際に空港外に出ていたのは 6 時間ほどだったのですが、とても楽しく充実した 6 時間でした(^^) 正直次回もアシアナ航空を使って、韓国経由で日本に帰ろうかなと思っているほど、気に入ってしまいました(^^)
韓国ドラマでしか見た事がなかった守衛の人達。現代でもこんな風に伝統を守っているとは知りませんでした。気温はかなり高く、日本同様やや湿気も高めの気候で、こんな民族衣装に身を包み微動だにせずに立っているというのは本当にすごいな~と近くで見て思いました。 この門をくぐるのは無料ですが、友人 K の話では、次の門をくぐるには入場料がいるのだとか... 時間的にもそこまで余裕があるわけでもなかったので、今回は一つ目の門をくぐった所でお終いにして来ましたが、次回は中を見て回りたい場所でした。(次回のお楽しみに… というところです)
光化門に面して外側には、光化門広場と呼ばれるだだっ広い広場があるのですが、この日は何かのマーケットやらお祭りが行われていて、広場に沿って出店がズラリ。でも普段はもっと広々とした景色が広がる場所なんだと友人 K が言っていました。出店が並んでいるのといないのとでは、かなり雰囲気が違いそうです。 
光化門広場の中にある噴水は、昔日本軍の軍船を少ない数の軍船で撃破した朝鮮の水軍と李舜臣将軍を記念して建てられたものなのだとか。そういう歴史を思うと、日本には二度と戦争をしないで欲しいと思います。
韓国のお土産屋さんで目に付いた貝殻等で装飾した綺麗な小箱。ジュエリーボックス(アクセサリー類を入れておくのによさそう)風な小箱がちょっといい感じで、手に取って見ていたらジャックが「I'll buy it for you!」と言って、一つお小遣いの中から買ってくれました。今回もおじいちゃん、おばあちゃんからお小遣いを貰い小金持ち状態のジャック。家族と自分に対してはお財布の紐が緩い子で、ダディとマミー用のお土産にジャックが使ったお金の総額は多分70ドルぐらいで、嬉しい反面ちょっと複雑な心境です。
光化門から暫く歩いた所にあった商店街。日本の歌舞伎町の一角のようでもあり、屋台から漂う食べ物の香りがまた食欲をそそる町でした。結構有名な観光地な模様。お土産屋さんもズラリと並んでいました。ジャックがプレゼントを買ったのもこのエリアにあるお店でした。
そして、ランチタイム…高過ぎずそこそこ美味しそうなお店、を探していたのですが、ふと入ってみた路地にあったお店がよさそ気な雰囲気だったのでそこに決定。ランチセットのようなメニューを頼んだのですが、焼き魚に、日本のお味噌汁に唐辛子を入れたようなピリッとした味が美味しいスープや、韓国料理にはつきものの小皿料理やら、シアトルでも韓国料理のお店に行く時には必ず頼むチヂミやら、日本人の舌にも合う料理のオンパレードで、非常に満足度の高いランチでした(^^) 韓国、絶対また来てみたい国です(^^)