2014年9月29日月曜日

2014年版、レモン化粧水、出来上がり(^^)

手作りレモン化粧水。あっという間に仕込みの 10 日間が過ぎ、午前中に瓶から出来上がったレモン化粧水を取り出して化粧水用の容器に詰め替え作業でした(^^) この 10 日間クローゼットの中に置いていた瓶を持ってキッチンの方に歩いていたら、出勤前の旦那が一言「なんで尿なんか瓶に入れて持ち歩いてるの?」(苦笑)
10 日前の仕込みの段階の写真を見ると透明な液だったのが、10 日後にはレモンの皮のエキスと共に黄色い液体に。 主に化粧水として使っていますが、治りかけの擦り傷や、虫刺されの後にも使ったりしているレモン化粧水で、旅行の時にも小さなトラベル用のボトルに入れて持って行くと重宝する一品です。
レモンの皮を除去した後、いつもレモン化粧水を入れている容器(もとはビオレの化粧水が入っていたプラスティック容器)に、できたばかりのレモン化粧水を少々入れ、容器をよく振って中をアルコール消毒。主成分はジンでアルコール度 40 度なので結構な消毒液だったりします。出来立てのレモン化粧水は、フレッシュな香りで、サッパリした中にもグリセリンの効果でサラっとしっとりな感じです。グリセリンの量を増やすとしっとり感が増しますが、レシピ通りの 10 対 1 の割合が長年使っていてちょうどいいです。
仕込み用の瓶に残ったレモンの皮が勿体無い... という方は、是非捨てる前にお風呂に入れてみるとよいです(^^) 基本的にみかんの皮と同じ感じで、レモンの皮を曲げるとレモンの爽やかな香りが楽しめます(^^) そんなわけで今日は月曜なのに朝からレモンの皮入りの朝風呂に浸かり、できたてのレモン化粧水でリフレッシュと、どんより曇った月曜日にしては健康的なスタートでした(^^)