2014年9月30日火曜日

猫の容体:家庭用点滴キットで脱水症状緩和

昨晩家庭用点滴キットで 150 ml ほど点滴をした Mr. W。点滴をしたら骨と皮だけのような手触りだった体がふっくら柔らかくなり、やはりかなり脱水状態だったんだ... と、昨晩の時点で点滴したのは案外 Mr. W の命を救ったかもしれない…と思いました。仕事で忙しかった頃は、猫の様子がおかしい時は、夜中に動物病院の ER に慌てて連れて行くパターンでしたが、家庭用の点滴キットのおかげで脱水症状の応急処置を家でできるようになったのは、猫を飼っている家庭には大きな安心要素になっています。このまま放っておいたら、年内ぐらいが寿命ではないかと思うのですが、毎日様子を見ていると 、Mr. W は幸せな人生を既に送ったから、老衰でいつ寿命が尽きても飼い主としては悔いはないかな... と、思います。できれば、家族三人が家にいる時に看取ってあげられたら一番かなと... 最近お母様を亡くされた元上司の例もあり、家族に看取られながら逝く方が、亡くなる方も安らかに逝けるような気がします。