2014年9月13日土曜日

二週連続 Mt. Rainier National Park ~Mowich Lake & S'more

先週レニア山にある Paradise Inn にサンデーブランチをしに来てから早くも次の週末に。National Park の料金所で入園料を払うと一週間有効と言われるものの、実際に二週続けて行く事も稀(二週続けて行った時は確か国立公園の年間パスを持ってい年だったような気が...)だったのですが、今週も先週に劣らず雲一つない青空だったので、今度は Mt. Rainier National Park の中でもシアトルから一番近い(1時間半ほどで行ける)Carbon River 方面へ行って来ました。
まずは 8 月前半にも訪れた Mowich Lake へ。この湖が一番きれいに見えるのは太陽が真上にある時間帯と、風が吹いていない時間の両方の条件を満たす時なのですが、朝寝坊一家なのでなかなか午前中に Mowich Lake に辿り着けずにいてもどかしくもあり... きれいなターコイズ色の湖を見るには少々早起きが必要なのでした。
夕方頃、Paddle Board で湖を行く親子を見かけ声をかけたら、お母さんが漕ぐ Paddle Board にペタンと座っていた女の子が「湖の水が超冷たかった!!」と言っていました。写真の奥の方のお父さん曰く、ものすごく深い所でも水の透明度が高いおかげで、水の底に沈んだ倒木がきれいに見えるよ! と言っていました。そんな話を聞くと俄然湖に出たくなり、駐車場へカヤックを取りにまっしぐら。
一応 500 LB(パウンド)まで OK なはずのカヤックなのですが、200 LB の旦那が乗ると、旦那が乗っている側がやたらと沈んでいて、見ている方がちょっと怖くなるような状態だったりします。これが日本人の家族だったりすると、家族三人で乗れたりするんだよな~(ーー; と、不必要に体の大きい旦那を持つと家族も苦労が絶えないです。
こちらはトレイルの途中に生えていたキノコですが、よくアニメや漫画で白い斑点もどきがいっぱいある真っ赤なキノコを見た事がありますが、実際に実物を見るのはこれが初めて! こんなマッシュルームもあるんだ~と思いながら写真を撮っていました。
Mowich Lake Rd から見た Mt. Rainer。この先は伐採された木の切り株が沢山あるエリアを通るのですが、森に囲まれた Mt. Rainer National Park に見飽きて来たら、Carbon River 側とMowich Lake が超おススメです(レニア山リピーター向け
明るいうちに Carbon River まで下って来て、短いトレイルを散策した後は、待望のキャンプファイアー & S'more タイム(^^) 今回薪になった木は、ジャックが小学校から昨年から今年にかけて拾い集めていたもので、猛暑な夏のおかげでカラカラに乾燥していて薪にするにはパーフェクトな木の枝でした。
火を起こしているうちに、あたりはどんどん暗くなり、自分は S'more セットをピクニックブランケットの上に並べたり、S'more 準備係に徹していました。

ジャックはマシュマロを手に、S'more 作りのお手伝い(^^)

暗くなると肌寒く感じる中、焚火のまわりにいるとポカポカを通り越して暑いぐらいになってきました。
Carbon River 河川敷で食べた S'more なかなかイケました(^^)
あたりは既にかなり暗くなっていましたが、S'more を食べた後は手際よく焚火を消火して一路家へ…。午後から出かけたので短めのアドベンチャーでしたが、楽しい土曜日となりました(^^)