2014年10月20日月曜日

老猫二匹 & はた迷惑な 7 歳児(^^;;

相変わらず食欲だけは旺盛な Mr.W (オス猫、推定 18 歳)。時々「おじいちゃん、今ご飯食べたばかりでしょう?」と呆れるほど、ガツガツと猫缶を一気食いした後、Meow meow!! ともっと餌くれ~と言う Mr.W。ボケちゃって満腹中枢がイカれてるのかも? と思う事もあるのですが、何せガリガリ君なので、食べたいだけ食べさせている今日この頃。もういつ死んでもおかしくないと、ずっと思っていたので、体にいいとか悪いとかいうよりも、美味しい猫缶をあげる... というモード。とても胃腸のよい子で、たくさん食べると出て来るウンチも見事なのですが、便だけ見ると健康そのものなMr.W。
今年のクリスマスまで生きていてくれたらなぁ... と漠然と思っていっるのですが、自分がいない間もちゃんと世話をしていてくれたら案外年末まで生きているかも? と淡い期待を抱いています。そんな Mr.W と大親友なジャックなのですが、Mr.W の猫ベッドのすぐ傍で遊ぶのはやめなさい! とあれだけ注意しているにもかかわらず、またしてもウルトラエッグ(日本からたくさん買って来たウルトラマンの怪獣の玩具)やら戦車まで Mr.W の猫ベッドの目の前に配置したまま学校に行ってしまったジャック。
年寄りで寝てばかりの Mr.W の為に猫ベッドを水飲み場の近くに配置してあげたのに、ジャックの玩具はまさにその猫ベッドと水飲み場の間に配置されていて、玩具を押し倒しながら水を飲む Mr.W。きっと Mr.W も内心「玩具を散らかしたままにするんぢゃね~っ!!」と思ったかどうかは定かではないですが、ジャックが帰ったらリビングルームに散らかしたままの玩具を片付けさせねば!! 7 歳児の男の子は猫にとってもちょっとはた迷惑な存在だったりします。
ところで、自宅その 2 から持ち帰った、キャンプ用の簡易ベッドを Mr.W の猫ベッドの近くに置いて、夜も Mr.W の傍で寝起きしている自分なのですが、ここもジャックの玩具やら、旦那の猫(メス猫、推定 17歳)に占拠されていて、自分が寝る場所がないんですけど...? と思う日も... (苦笑) とりあえず、ジャックが学校に行っている間は静かなひとときを猫達も満喫中(^^)