2014年10月5日日曜日

結婚八周年記念旅行 Day 3 ~ A Random Act of Kindness は老夫婦へ(^^)

土曜日のランチはまるで映画 Pay It Forward みたいな、見知らぬ誰かの思いがけない好意によりフリーランチ三人前をご馳走になった自分達。日曜日のミッションは "A Random Act of Kindness" を次の人に託す事(^^) 映画 Pay It Forward の中で、天才子役とうたわれたオスメント君も言っていたように、誰かを喜ばせるには、まずその人をよく観察してから... と思い、ロッジ内ですれ違う宿泊客達を見ながら、誰に善意のお裾分けをしようかなと、考えていました(^^)
そんな中、ちょっと背中の曲がった白髪のお婆さんと、その横を歩く白髪のお爺さんがいい感じで(少なくとも、高齢ながらも秋のオリンピック半島に二人で旅行しに来るあたりが自分と価値観が似ている気がしたので)、彼らがもし同じ時間帯にランチをしていたらこっそり彼らの分を払ってあげることにしよう(^^) と密かに心に決めていたら、ランチタイムのダイニングルームにその老夫婦を発見。ジャックと旦那に「I think we have a winner!」とこっそり告げ、ウェートレスさんに事情を話して協力して貰うことに(^^)
窓際の席で青空の下に広がる湖を見ながら食事を済ませた二人の元へ、ウェートレスの人が例のカードを持って「お支払いは既に済んでいます」と伝える様子を自分達のテーブル(彼ら斜め後方)から見ていました。あんまり見ていると誰の仕業かバレてしまいそうだと思い、二人の方をなるべく見ないようにしながら、老夫婦の反応をこっそり観察(^^) 驚きの籠った声とウェートレスさんとの会話と、次第に何が起きているのかを理解して嬉しそうな声にかわり、二人はダイニングルームから出て行きました。彼らのテーブルの担当だったウェートレスさんが、自分達のテーブルに注文した食べ物と一緒に戻って来た時に、昨日は自分達が見知らぬ誰かからフリーランチをご馳走になった事などを話していたら、彼女も誰が昨日の足長おじさんだったのかは見なかったものの、ウェートレスの間で心温まる A Random Act of Kindness の話が話題になっていたと言っていて 「It's really cool :)」と、みんなでニッコリ。この日のお天気のように気持ちのいいお昼を過ごせました(^^)