2015年2月12日木曜日

ピクセル(雌猫、推定 18歳)の容体

午後に口から白い泡のようなものを出しながら、バスルームの隅っこにうずくまっていた旦那の猫のピクセルを急遽病院に連れて行き、血液検査や尿検査をしてもらった所、また尿路感染症を再発していたようで、抗生物質を投与してもらって夜遅くに動物病院に引き取りに行って来ました。幸いな事に尿道結石ではないとの事(結石だとものすごい痛みで、ちゃんと治療しないと苦しみながら死に至る事もあるとの事)

Enzo、Mr.Whitelegs とオス猫二匹が逝った今、ピクセルが最後の一匹で、できればあと一年か二年生きてくれたら... と思っているのですが、今年で推定 18 歳になるピクセル。甲状腺の持病も抱えていて、この半年あまり、旦那が毎日薬を飲ませたりしていますが、薬の量も増やす必要があると今回の血液検査の結果でも言われ、これからは与える食事も獣医さん処方の缶詰めに切り替える事に。食事でだいぶ改善される問題もあるので、処方の缶詰めを一ヶ月ぐらい食べさせてみてまた再検査して貰う予定です。(処方の餌が美味しい事を祈ります...不味いと全然食べなくてガリガリになってしまうかも?)