2015年2月17日火曜日

晴れ時々投資家: 米国初の $700 Billion 超えのApple 最高値更新 &電気自動車

Mid-Winter Break 中ですが、とりあえず先週大きな話題にもなった Apple についての私見など... まずは先週火曜日の終値でアメリカ企業で初の $710.7 Billion (七千億ドル超え)を記録したアップル。その後も株価上昇中で、祝日明けの今日は $128.88 で最高値を更新。先週 Apple が発表した電気自動車開発のニュースに関してですが、成長した企業が自社の技術を活用できる新製品の開発や異種産業に参入するのを、社会や投資家達がある程度安心して見守る事ができる時代が来たんだな~というのが個人的な感想です。その先駆け的存在の一人は、やはり Tesla の CEO の Elon Musk だと思うのですが、さらにもう一人(正確には二人)挙げるとしたら、Marvel Comics のStark Industry の Howard Stark と Tony Stark かな(^^? と思います。やや古い話ですが、例えばマイクロソフトが携帯電話業界に参入した際には Kin Phone の惨敗ぶりには社外、社内共に多くの人々が、やっぱりダメだったか...と、リリース後 2ヶ月で打ち切りになった製品として苦い思い出になってしまった Kin Phones でしたが、当時の "やっぱりダメだった" という思いの根底にあるのは、自分自身 Kin Phone の事をほとんど信じていなかったという事だと思うのです。例えば今回のように Apple が車を開発するというようなニュースを見て、投資家の一人としては "えー? やめた方がいいんじゃないの? 車なんて作っても売れないんぢゃ?" という思いではなく "Apple が作った車は見てみたいかも?(きっとこれまで見た車の中でも最もスタイリッシュな車に違いない!)" と、自分の頭の中では、Volkswagen の昔のミニバンや、Airstream の小さ目のキャンピングカーのイメージが湧いてきたり、売れる、売れないは別として、コンセプトだけでも何かスゴイものが出てくるかもしれない!? というワクワク感が投資家の期待を集めるんだな... と。余談ですが、こういう Apple の興味深い開発のニュースを聞くと 2011 年の秋に亡くなった Steve=Jobs が生きていたら、さぞかし夢中になってプロジェクトに取り組んだだろうな~と思います。 世の中にはまだまだ面白い事がたくさんあるから、死んでしまったら本当にもったいないんだなぁ... と最近しみじみ思います。ランチタイムに株価をチェックしていた旦那が、AAPL 買い足そうかな、とメッセージを送って来ていたので、AAPL は恐らくこの先も伸びると思うので、買いだと思うよ、自分は Split 後 $100 以下の時に買い足しているから(値が下がるまで)買わないけど^^; と返しておきました。AAPL は配当もあるので持っていて損はないかな? と思います。