2015年2月15日日曜日

Mid-Winter Break Day2: Gold Creek Trout Farm で釣り体験(^^)

今日もお昼過ぎまで起きて来ない旦那のおかげで、家で半日ダラダラと過ごしていたら、会社の元同僚の Y子さんから携帯宛てに、Gold Creek Trout Farm に釣りに行く予定とのメッセージが入っていて、以前 Y子さんの FB の写真を見て以来一度行ってみたいと思っていた場所だったので、現地で合流する事に... 竿や餌等、現地で借りられるので手ぶらでもOKな場所なのですが、ジャックが自分の釣竿で釣りたいと言うので、まずは押入れから釣り具セットを探し出し、車に積んで一路 Woodinville へ...
ジャックの釣り具の捜索に手間取り、予定到着時間よりも随分と遅れてしまったので、Y子さん親子は既に釣を終えて帰りの準備に入っていたのですが、結局ジャックが釣りを終えるまで一緒にいてくれました。 R 君が釣った巨大なニジマスを見て、ジャックも俄然やる気に(^^) これまで Catch & Release の釣りしかやったことがないジャックにとって、釣ったら持って帰って食べる釣りは初めて(普段は持って帰ってペットにしたいと言っていたジャック)お魚好きなマミーの魔の手からお魚達を守るのが使命だったのですが、今日は心置きなくお魚が食べられそうな予感(^o^)
Trout Farm のおじさん曰く、シーズンの始まりで、まだ釣り客もそんなにいないのでお腹を空かせたトラウトが簡単に針に食いついてくる... との事でしたが、その言葉通り、ジャックも毎回いい当たりで、そのうち二匹を釣り上げました(^^) 旦那もジャックのお子様用の竿で一匹釣って、本日の収穫計三匹(^^) R 君おススメの餌はガーリックが効いたこちらの餌で、R 君曰くこの餌だと餌が水底に沈まないのでより釣れる確率が高いのだとか。釣キチ三平を読破しているとの事だったので、家に帰ってからジャックに釣キチ三平のアニメを見せたら日本語にもかかわらず気に入った模様(^^)
R 君の手ほどきの元、ジャックと旦那が釣り上げた三匹(^^) 東海岸では氷河期でも来てるんぢゃないか? というぐらい豪雪と極寒の日々が続いていますが、今年のシアトルは超暖冬で、旦那が何かで読んだ記事によると、温暖化の影響でこれからノースウエストの冬はこんな感じが続くらしい...との事。スキーリゾートには嬉しくないニュースですが、普通に住んでいる分には暖冬で結構(^^) という感じです。(その分夏が猛暑になるのかもしれないですね...)そんなわけで土曜日も二月にしては桜の花があちこちで咲いている暖かい日でした。
釣った魚は木の棒で頭を叩いてノックアウトさせてからバケツに入れるのがルールなのですが、最終的にはクリーニングステーションで、オーナーの息子さんと思われる男の子(13 ~ 14 歳ぐらい?)が内臓を取り出し、きれいに洗って袋に入れてくれます。料金は釣った魚の大きさ x 匹数でチャージされます。(VISA カードで支払い可)クリーニングの作業代も考慮して、是非チップをカウンターの上の瓶(またはカード支払い時)に追加してあげて下さい(^^) 保冷剤代わりに凍ったウォーターボトルを数本持って来ていたので、その上に袋に入ったお魚を置き、帰宅準備。
夕方 5 時の閉園の少し前に Y子さん親子と現地で別れ、家に帰る途中にタルタルソースとレモンを近所のスーパーで買って帰りました。旦那は How to fillet and skin a trout the right way のビデオを見て、早速三枚下ろしに挑戦。旦那も子供の頃に釣りにハマっていたらしいので、初めてではないらしいのですが、久々なので思ったように薄く骨だけ剥がせなかったり、やや苦戦気味。自分も学生時代に海釣りで釣ったその場でお刺身にしていたので、初心者ではないものの、やっぱり苦戦(^^; ちと練習が必要 & ちゃんとしたフィレナイフ(Fillet Knif)が欲しい! と思いました(^^)
捌き方がいまいちで、だいぶ薄くなってしまったお魚の白身ですが、これをパン粉にまぶし、新しく開けたばかりのキャノーラオイルで揚げ、アツアツの所へレモンをきゅーっと搾り、買って来たタルタルソース(さすがにタルタルソースまで自作する時間はなかったので)に付けて食べたら... あぁぁぁ... これは旨いっ(旨過ぎるっ!) 美味しさの余韻が口の中に広がり、いや~やっぱり釣りはいいね~(´ー`) と思いました。ジャックも旦那も、普段は魚にはそんなに興味を示さないのですが、これは美味しかった... と喜んでいました。新鮮な素材、使いまわしていない油、外側はカリッと揚ったパン粉で、サクッとした歯触りから中身は(冷凍ものを解凍した時にありがちなあの歯応えもなく)柔らかな白身がちょうど良い揚げ加減で会心の出来でした(^^) (タイムリーなテキストメッセージ、ありがとう~>Y子Mさん 家でちょっと暴れてたんだけど、おかげ様で Mid-Winter Break Day 2 も超楽しい日となりました^o^)

以下、このブログを見て Gold Creek Trout Farm へ行ってみようかなと思った方への情報です。

Bellevue から車で 20 分程の 
Woodinville にある Gold Creek Trout Farm は、日頃から釣りをするわけでもなく、ちょっと釣りに行ってみたいな~という時に、フィッシングライセンス(大人は一人年間 $100 ぐらい・カニ類、海釣り、その他川釣りのサーモン等のオプションでも値段が違います)だの、ステートパーク(州立公園)のパスだの、釣竿一式等の初期費用を考えずに、とりあえず手ぶらで出かけても帰りには自分が釣った魚を持って帰れる! という、大人にも子供にも楽しい釣り掘りで、10歳前後の子供や、釣り初心者へのイントロダクションにはかなりおススメのスポットです。4 ~ 5 歳の小さいお子さんでも、親がちゃんとついていれば、魚も釣れるし十分楽しめると思います。

... が、行く前に是非、http://www.goldcreektroutfarm.com/ に目を通しておく事をおススメします。

Gold Creek Trout Farm では、魚を竿だけで水面の上に引き上げるのを禁止しています。備え付けの網がいくつか置いてあるので、魚を岸の近くまで引き寄せたら網で水の中からすくい上げます(一人が釣って、一人が網を持つと便利です)

次に、水から上がった魚の口から針を外し、備え付けの木の棒で魚の頭をガツンと叩いてノックアウトさせます。ノックアウトした魚をこれまた備え付けのバケツに入れます(バケツの中に水を入れない事)
釣った魚は全部買い上げでお持ち帰りなので、食べられる分だけ釣ったら終わり、という事を念頭に置いて楽しんで下さい。

日によって自分の竿で釣ってもいい日があるそうで、この日はまさにその自分の釣り竿が使える日でした。自分の竿で釣る前に、Trout Farm の人がフックと釣り糸のチェックをしていました。ちなみにフックのサイズは 6 号以下との事。

Gold Creek Trout Farm のレビューを見ていたら(約一名不幸な勘違い?でかなり嫌な思いをした方がいたようでしたが)Trout Farm を水族館の体験コーナー的な場所と混同しているような人以外は、みんなかなりいい体験ができている模様。ジャックも特に怒られることもなく釣りを楽しむ事ができ、自分達家族もとても楽しいひとときを過ごせました。Trout  Farm の人が手取り足取り釣りのイロハを教えてくれる... というわけではなく、U-Pick 系(苺狩り的なノリ)で、ある程度何をするのかわかっていて、釣り掘りを荒らすことなく、釣ったらとっととお金を払って帰る... 的な場所だと思いました。そういう意味では、初めての人は釣り経験者や Gold Creek Trout Farm に来た事がある人と一緒に行くとよい場所かな、と思いました。雰囲気的に、釣り掘りを荒らす悪ガキ&クソガキはご遠慮下さい系に見えました(笑) 釣り掘りに石を投げ込むような子供は即退場させられると思います。

基本的には Trout Farm のルールに従い、釣り具や魚を丁寧に扱っている限り楽しい釣り体験ができる場所だと思いました。というわけで、近場で確実に釣れそうなスポットとしておススメの Gold Creek Trout Farm でした。