2015年3月30日月曜日

Pinewood Derby (レース当日編)

待ちに待った Pinewood Derby 当日。スプレーペイントの上からクリアーコートをスプレーして、ツヤツヤに仕上がったボディにタイヤを取り付けて完成したのがこちらの Pinewood car。 親バカですが、傍から見てもかなり素敵で、"Beautiful!" や "Great job!!" と朝から旦那とジャックを褒めまくりでした(^^) ジャックにとってもダディとの思い出いっぱいの宝物の一つとして、永久保存版の玩具になりそうです(^^) 旦那も義理のお父さんとの思い出に浸っていたようで、後で写真をメールで送る予定だと言っていました。
仕事を早めに切り上げて夕方 6 時前に帰宅した旦那と、アフタースクールから帰って来て、宿題と夕飯を済ませたジャックと三人で Cub Scout 主催の Pinewood Derby へ。Pinewood Derby を実際に見るのはこれが初めてで、何もかもが珍しく、見ているだけでもかなり面白かったです。参加者は、会場の入り口で製作した車を計りにかけて、既定の重量を超えていないかどうかのチェックを受けます。ルールでは既定の重量を超えている車は失格になるとの事。
いつも Cub Scout のミーティングで使っている、近所の教会所有のビル内の大会議室に設置されたレーストラック。自分の身長よりも高い位置にスタート地点があり、ゴールにはスピードセンサー付きの機器がセットされ、その背後には結果を瞬時に表示するプロジェクターまで設置され、かなり本格的なレーストラックでした。
レースが始まる前の会場はこんな感じ(^^) Pinewood Derby のレーストラックのレンタル会社の人が手際よく会場をセットアップをしていました。レースに参加する車の重量計測が終了した後は、親達による人気投票が行われていました。人気投票の結果は、レースの結果と一緒に最後に発表されます。各車には番号が割り当てられていますが、車にはそれぞれ個性的な名前が付けられていて、ジャックの車は "Spirit of '76"。 1976 年に旦那が参加した Pinewood Derby の思い出がこもったネーミングです。
レース開始直前、子供達はワクワクしながら説明を聞いていました(^^) 旦那もレース後の車の回収ボランティア要員として専用の木箱を持って横で待機。
レースが始まると子供達は夢中になってレースに見入っていました(^^) 実際のレースのようすはこんな感じでした(^^) ジャックと旦那の "Spirit of '76" は 4 回のレースのうち 2 回 1 位になり、総合結果では Wolf Den(ジャックがいる小学二年生のグループ)で 1 位になり大喜び(... と言っても、同じ学年は実質 4 人しかいないので、ほぼ全員が上位 3 位みたいな状況です^^)

旦那が子供の時に義理のお父さんと一緒に作った Pinewood Car は 1976 年に "Best Paint Job" 賞を貰ったそうなのですが、親達による人気投票の結果、ジャックの "Spirit of '76" は "Best Paint Job" を貰い、39 年経った今、同じデザインで同じ賞を貰った事には旦那的もかなり感慨深かった模様(^^)
"Best Paint Job" の他にも参加賞のリボンやら、Wolf Den グループでの優勝メダルや、Best 16 (全部門ではベスト 16 入り)で貰った賞も含め 4 つの賞を貰ってとても嬉しそうでした。旦那とジャックは家に帰るなり来年のレースに向けて早速デザインレビューをしていたり(笑) ジャックは他の子達の車を見て触発され、色々と楽しい車のデザインを思いついた模様(^^) 勉強以外で、男の子が楽しめるイベントが盛り沢山の Cub Scout、小学 5 年生まで(中学生以下)の男の子におススメです(^^)