2015年3月6日金曜日

スポーツの春(^^) ~ ゴルフの練習@Redwood

金曜日の午後も引き続き穏やかなお天気で、ジャックを学校に迎えに行った後は、ジャックを連れて Redwood Golf Center へゴルフの練習に行って来ました。 ジャックも昨年の 9 月以来久しぶりの Redwood でしたが、さすがに 3 歳の頃から連れて来ているので、いつものように二階に上り練習開始。練習場と公園デビューはしているものの、ちゃんとしたコースにはまだ連れて行った事がないので、今年(こそ)は、(パットパットゴルフ以外の)家族ゴルフができるかな? と楽しみにしています。
ゴルフはヨボヨボの年寄りになった時でも、ジャックと一緒にカートに乗って楽しめそうなスポーツ... という理由で、運動音痴な旦那も乗り気なスポーツなのですが、別にプロを目指しているわけでもないので、細かい事にはこだわらず(自分のフォームも YouTube のビデオで学んだ自己流なので^^;)基本中の基本事項だけを、前回同様に簡単に説明して、後は打ってみていい当たりの感触とダメな当たりの感覚を繰り返し経験するうちに、自分なりに毎回同じ軌道でクラブを振る事ができるんぢゃないか(^^? と思いながら、二人で並んで練習でした。
二階は一階に比べると断然空いていて、どちらかというと、一階はある程度打てる人=上手い人、二階は下手な人(^^; という棲み分けができている感じなのですが、大人のお姉さんやらオバサン達のボールが、目の前 3 ヤードぐらいの所にポトンと落ちる光景には、「ね? 大人でも練習しないと全然飛ばないものなのよ」と、むしろ励まされるというか、リラックスできる雰囲気になってよいな~と思います。逆に、上手いおじさんがいたりすると、遠目に眺めながら参考にしたり...(^^) 
自分も人様にゴルフを教えられるような立場ではないのですが、昨年日本のアマチュアゴルファーの勝みなみ選手の事を知って以来、教科書にあるようなフォームで打てなくても、百発百中当たればそれはもうそれが自分のフォームという事で(別にプロを目指しているわけでもないので^^;)お気楽ゴルフモードで楽しめるようになりました(^^) 勝みなみ選手のお祖父さんが、「老後の楽しみに」と、6 歳の孫娘をゴルフ場に連れて行ったら、9 年後には史上最年少の 15 歳でアマチュアながら日本女子プロゴルフ協会のトーナメントで優勝した話 にはジャック共々感動でした(^^)
ジャックにお手本? を見せようと思って、スイングしたら思いっきり空振りだったり、ジャックにも劣らないぐらいダメダメな当たりだったりして、「い、今のは見なかった事にして(^^;;」というのもあったのですが、ジャック用の(Junior サイズの Golf Club)で打って見せて、ジュニア用でもレディス用と同じぐらいの飛距離が出る事(ゴルフクラブの違いではないんだよ!)というのを見せたりしながら練習でした。  
子供と一緒なので、どうしても他の人達よりは遅いペースで、二階で打っていた人達が先に練習を終えて帰って行く中、端の方で打っていたアメリカ人のおじさんが帰り際に「What's a great mother!」(なんて素晴らしいお母さんなんだ!)と声をかけてくれたのが嬉しかったのですが、その時にジャックがそのおじさんに「She really is!」(ホントに素晴らしいお母さんだよ!)とすかさず返してくれた言葉にさらにジーンときました。自分はその時ちょうど 100 ヤード超えのボールを見送っている最中で、きっとそのおじさんもその姿を見て声をかけてくれたのかな(^^? と。
こちらはジャックが携帯で撮ってくれた一枚で、飛んで行くボールの姿も写っていて、ナ~イス! と思いました(^^) ところで、毎度思うのは "この人達は誰?" という疑問。平日の昼間っからゴルフの練習をしている男性(見るからにリタイア後の悠々自適生活な人は除き)や、圧倒的に男性が多い中、たまに見かける女性達。いかにも Tech カンパニーで働いていそうな雰囲気のお兄さんやら、バリバリ現役ビジネスマン風なおじさんやら… 昼休みに練習に来ているのか?? 一階にズラリと並ぶこのおじさま方は、どこかの会社員なのか、自営業なのだろうか? と毎回ちょっと気になっていたりします。