2015年4月7日火曜日

春休み4日目 ~ Cannon Beach Trip Day 2

昨日キャノンビーチ入りして、二日目の火曜日。今日は午前中の干潮時を狙って朝食を早々に済ませ、目指すは Haystack Rock(ヘイスタックロック)の袂。春休みとは言え平日なのでキャノンビーチの中心街でしかもビーチにも近い路駐スポットを見つける事ができました(^^) 干潮時にできる潮溜まりには既に観光客の姿がたくさんありました。
今回も大好きな緑色のアネモネ(=イソギンチャク)の写真を撮りまくりでした(^^) イソギンチャクは実は筋肉を使って移動可能な生き物らしいです。何を食べたらあんなきれいな緑色になるんだろう? と思って調べてみたら、藻を食べているせいだったりする模様。見た目のキレイさとは裏腹に、結構アグレッシブな生物らしく、生物学的ににはクラゲや珊瑚に近い生き物らしいです。
数的にはそんなに多くなかったものの、今回はオレンジと赤紫のヒトデが岩肌にへばりついている姿を潮溜まりの中で見つける事ができました(^^) 
天気予報では午後に多少にわか雨が降るという事だったので、今日はやりたい事は前倒しで行く事に(^^) 干潮の時間が過ぎ、徐々に海水の水位が上がり始めた所で一旦車に戻り、焚火セット、S'more セット、凧、砂遊びセットにシャボン玉を持って再びビーチへ(^^) ビーチに近い場所に駐車できたので、荷物の持ち運びが非常に楽でした(夏場はビーチから数ブロック離れた駐車場から荷物を抱えて歩いていたので、今回は非常に楽でした^^)
S'more と焚火は夜にするものなんぢゃ? というジャックに、いや、そんな事ないよ! と(夜よりも日中の方が安全だし!)と、お昼ご飯の前に S'more を作りはじめたのですが... 
今日の S'more は"完璧" の一言に尽きました(^o^) どこら辺がいつもと違うのか? と言われるとマシュマロの焼け具合。アメリカ人の旦那曰く、マシュマロは焦げるぐらい焼いてよいらしいのですが、それはそのぐらい焼かないとマシュマロが柔らかく(半分溶けた状態)にならないからだと思っていたのですが、今日は真っ白なマシュマロのまま、串をクルクルと回しながら、焦げ目がつかないように炙っていたら、写真のような理想的な S'more ができました。ジャックも一口かじってみて「Mmmmmm」と、超満足そうに S'more 3 個をペロリと平らげていました(^^)
砂遊びもして、シャボン玉でも遊んで、ジャックの Sea Otter Kite(
ラッコの凧)で遊んだ後、雨雲らしき雲が近づいて来ていたので、焚火の後始末をして荷物をまとめて車に戻ったのですが、最近の天気予報は実に正確だな~と感心しました。一時間毎の降水確率をチェックした上で今日のプランを立てていたのですが、晴れている間に遊び、にわか雨が降っている間はホテルで長風呂に浸かったりしてのんびりできました(^^)