2015年4月1日水曜日

今日から四月 ~ 検便キット到着(^^;;

早いもので今日から四月!! 朝一でまずはジャックを「うわっ! 外大雪で真っ白!!」みたいなエイプリルフールネタで起こしたら苦笑いしていたジャック(笑)昨日春先の雹が降った事もあり、かなり信憑性のあるネタでした(^^)

来月予定の人間ドック+脳ドックのクリニックから、日本の連絡先住所に検便キットも届き、この一ヶ月は規則正しい生活で少々体調を整えておかねば... と思っています...が、内心かなりドキドキ。アメリカの健康診断は会社指定の健康診断でもかなり簡単な検査だけで、基本的に(医療保険システムが破たんしているに近いアメリカなので)余計な検査で病人を増やしたくないのではないか? と思うほど... 決して医療技術が遅れているわけではなく、病気と診断されれば、ちゃんとした検査もできるのですが、健康診断で MRI などあり得ないのが現状です。50 歳を目前にとりあえず、一度ちゃんと全身診て貰うのもよいと思っていますが、それと同時に、もし癌が見つかったら…胃がんやら脂肪肝やら、脳腫瘍でもあったらどうしよう… もしかしたら糖尿かもしれないし... 等々、かなり心配性な自分。早く見つかってよかった! と、知らない方がよかった(T_T)は背中合わせなんぢゃないかとも思い、人知れず頭の中で色々と考えてしまいます。

その昔(インターネットがこんなに普及する前)「家庭の医学」という分厚い本を見ながら、あ、この症状もあるある!! と、あるあるだらけのいい加減な自己診断で、自分は心臓病と癌を患っているに違いない... と思ったものでした(^^;;  心臓病説は、若い頃に健康診断で不整脈があると言われ続け、結局は長時間労働と長時間の通勤によるストレスが原因だろうと言われ、特に治療も何もなかったのですが、これは会社(日本のマイクロソフト)を辞めてフリーランスになった後かなり改善され、その後の健康診断では不整脈で再検査になるような事もなくなりました。古くは高校や大学時代に異常低体温と、異常低血圧とも言われ、体育会系だった割には、その血圧でスポーツなんかやっていてフラフラしないのが不思議だとも言われていましたが、年をとると血圧が上がるというのは本当だな~とそちらの方が不思議です。おかげで血圧は加齢と共に普通の人の血圧か、時々やや高めの値が出るくらいまで上昇しましたが、さらに上昇傾向にあるので高血圧にならないように気を付けねば... と思います。何にしろ人間ドックは今後の健康管理のいい起爆剤になってくれそうな気がします。