2015年4月16日木曜日

アライグマ… らすかる復活!? & 猫の容体

ここ数日、大きなアライグマがうちに餌を食べに来る… と旦那が言っていて、昨晩またパンの残りを少々外に出しておいたら、やってきました、アライグマ、らすかる!? (← 昨晩 FB にアップしたビデオのアライグマ)この一年ほどの間に、うちの近所の家が次々と新築の家に建て替わっていて、新興高級住宅へと変わりつつあり、昔から立っていた家屋と共に木もだいぶ伐採されてしまい、自然環境激変中なのですが、そんな中でもアライグマがまだ生き延びていたとは、ちょっぴり嬉しい夜の訪問者でした(^^)
一応ダウンタウンベルビューまで車で 2 分ぐらいの距離なので、そんな山の中に住んでいるわけでもないのですが、昔から裏庭にはふかふかの尻尾のリス達やら、青い鳥(ステラジェイ)やレッドロビン、ハチドリ等が日々やってきて、アライグマも昨年からの建設ラッシュの前までは、子連れのアライグマ一家が裏庭の木の間から現れたり... と自然環境には恵まれた住宅地でした(^^)
Pixel がキッチンカウンターで暮らすようになり、アライグマがやってくると、起き上がって、アライグマを見たり、カウンターの上に作った段ボール箱の寝床に隠れたり、旦那の所に知らせに来たりするので、その音で旦那も最近アライグマがやって来る事に気づいたのだとか(^^) パンの残りを食べに来るアライグマをがっかりさせては悪いな、と、妙なプレッシャーもあり、パンがない時には古いキャットフードの残りでも出そうかな? と思っている所。
Pixel は食欲増進剤の効果もあり、今週月曜日の超音波検査以降は餌もよく食べ、居間に置いてある仮設(というか常設化している)トイレで、用も足し(昨日は今週二回目の "大" も出たし^^;)横で見ている方としては、心配よりも安心要素の方が多い週でほっとしています。老猫はあまり動かない事もあり、便秘になりがちなので、時々お腹をさすったり、ブラッシングをしたりして腸の動きを助けるようにしていますが、以前のように毎日大小出るように…が目標です。
Pixel は、これまでの人生の中で本当に貧乏くじを引いて来た猫(Enzo が生きていた頃は、旦那のそりゃないよ~と思うぐらいの Enzo への愛・えこひいきもあり、十数年一緒に暮らしていても、ほとんど誰にもなつかない猫)でした…が、"愛は猫も変える!" はまさに本当で、うちの唯一の猫兼一人娘として、毎日自分が家で面倒を見ているうちに、Pixel もすっかり猫らしい猫に(^^) 以前だったら顔を近づけただけでも猫パンチを繰り出していた Pixel が、今では、額と額をくっつけるとグルグル~というほどに... そして昔は常に旦那の擁護に回っていた(旦那を怒鳴りつけていると、旦那の足元に行き、自分に向かってハーッ、とかシャーッと言っていた)のが、そんな事も全くなくなり、「わかるよ、その気持ち...」とでも思ってくれているのか、今では旦那の擁護向かうような事もなく... でも相変わらず、ジャックがうるさかったりすると、シャーッとか言いながら、睨みをきかせている Pixel。うちで一番賢い猫なので、誰が一番親身になって世話をしているのかわかってくれているんだなぁ... という感じが、言葉ではないけれど感じられ、Pixel もちゃんと見送ってあげるから、安心してキッチンで過ごしていいんだよ... という気持ちになっています。Pixel のためにキッチンのシンクの片側は、クッキーシートで作った簡易餌場になったり、キッチンでお料理するのはかなり大変になっているのですが、旦那も、「こうやって面倒くさい」と思っていられるうちは Pixel が生きているって事だから、いいのかも^^?… と言った後で、「でも向う3年ぐらい、キッチンがこんなだったら、どうしよう?」と予想外に Pixel が長生きするんぢゃないかと言って二人で顔を見合わせて笑ってしまいましたが、夜になると自分が作った段ボールの家の中に入って行く姿を見るとなんだかニンマリしてしまう自分です(^^)