2015年4月18日土曜日

NFL Seattle Seahawks の Training Center 見学ツアー

今日は Cub Scout のイベントで Seahawks のトレーニングセンターの見学ツアーに便乗参加して来ました。実はこのツアー、子供一人に対して親は一人だけ、という鉄の掟があり、再三、人数枠が決まっているので親は一家族一人だけ参加が原則というお知らせメールが来ていたので、自分は近くにあるショッピングモールで待っている予定だったのですが、朝時間通りに家を出られなかったので(朝寝坊一家のせいで)、ショッピングモールに寄って下車する時間がなく、トレーニングセンターまで一緒に行って、そこから歩いて行こうと思ったら、徒歩では出られない事が判明!!
旦那とジャックの二人で登録していたので、あまりのバツの悪さに、最初はかなり居心地が悪かったのですが、頑丈な門から歩いて出られないから、しょうがいない... と諦め、一緒にツアーに参加させて貰う事に... このトレーニングセンターは、Seahawks の本社? でもあるらしく、社員が働いていたり、今の時期はちょうどドラフト会議中だったりするので、エリアによっては撮影禁止でしたが、インドアとアウトドアフットボールフィールドを持つトレーニングセンターのツアーはなかなか興味深くて面白かったです。
銀色のフットボールの優勝トロフィーをこんなに間近でみる機会はなかなかないので、みんな交互にトロフィーの前で写真撮影をしていました。 旦那がジャックとトロフィーの写真を撮ろうと四苦八苦していた頃、ジャックは土曜日なのに朝から叩き起こされてやや不機嫌だったのか、帽子で始終顔を隠していて旦那に注意されまくっていましたが、自分は "今ここにいる事自体が反則" という自責の念にとらわれている真っ最中だったので、控え目に遠くから写真を撮ったりしていました(^^;; 
雨の多いシアトルだから… というだけでなく、この大きなインドアフットボールフィールドは NFL チームの中でも非常に稀な、恵まれた練習場なのだと、今日のツアーを担当してくれたおじさんが言っていましたが、本当に広かったです。芝は当然ながら人工芝ですが、子供達に混じって大人(父親)達の中にもグリーンの上にタッチダウン風に転がってみたりする人もいました。 
Cub Scout のメンバーによる集合写真を撮り終えた後は、大きな建物内の他のエリアの見学へ... 
ワシントン湖が目の前に広がるカフェテリアは、Seahawks の選手だけでなく、150名ほどいるという社員(=広報やらマーケティング部員やら、一般の社員)が利用しているとの事でしたが、普通のカフェテリアと違って、食べ物が出て来るのではなく、材料が置いてあって、自分でサンドイッチを作って食べるのだとか。サンドイッチ以外では、子供が好きそうな味のシリアル(Lucky Charms)など、シリアルがズラリ。またテーブルに "Players Only" という札がある所は、選手専用テーブルとの事でした。 
トレーニングルームからは、アウトドアフットボールフィールドが見渡せるようになっていましたが、アウトドアフィールドの脇に作られた土手(というか高台)は、Seahawks の練習を見に来る人用の観客席もどきなのだとか。毎年何千人もの人が公開練習を見に来るそうなのですが、公開練習のチケット(一枚 $7 ぐらいらしいですが)は発売と同時に数時間で売り切れるほどの人気なのだとか。チケットホルダーは、近くの公園から発着のシャトルバスに乗ってここまで来るのだそうです(歩いて出入りできる状況ではない事をここでも痛感) 
建物内には、作戦会議をするためのミーティングルームや、相手チームのプレーを研究するためのシアタールームがあったり、かなりの頭脳プレーも要求されるスポーツなんだな... と思いました。正味二時間弱のトレーニングセンターツアーでしたが、いい経験になりました(^^)