2015年5月13日水曜日

押し花プロジェクト 2015 (準備編)

ちょうど四年前の今頃、ジャックが 4 歳だった時にうちの庭に咲いているお花で栞を沢山作って、そのうちいくつかはカナダのお義母さんや、日本の実家の母にジャックからの贈り物としてプレゼントしたのですが、ジャックにとっての押し花プロジェクト (2011) は自分が思っている以上に楽しい思い出だったようで、最近ずっと「また Bookmark を作りたい!」と言っていたので、晴れている日に栞作りの下準備で、まずは花摘み(写真は先週晴れている日に撮ったものです)
今年は暖冬だったので、満開の時期が 4 年前よりも 2 週間程早く、前回の栞作りで使った黄色い花は既に花の季節が終わってしまっていて、今回はブルーとピンクの花びらでの栞作り。左上の写真の楓の木(二種)は、今年は一段と伸び、一ヶ月ほどであっという間に二倍ぐらいの高さとボリュームに!? 緑の葉の楓の下で眠っている Mr.Whitelegs が日に日に楓の一部になって行くような気がしています。
ピンクの花もどんどん蕾が膨らんで、今週末から来週半ばぐらいには満開を迎えそうです。蕾の方が花びらの色が濃くて、開くと淡い色になるので、試しに蕾のものもジャックと一緒にいくつか摘んでおきました。
ジャックと一緒に摘んだ花びらと Mr.Whitelegs が眠る楓の木の葉をペーパータオルの上に置いて、まずは柱頭やおしべやめしべを取り除きます。前回は紙を使ったのですが、今回は安易にキッチンにあったペーパータオルを使ってしまったために実は後で問題があったのですが、この時点では気づかず...(><) 来年以降の教訓として、ペーパータオル、特に表面に凹凸があるのを売りにしているものは使うべからず... です。 
ペーパータオルは栞作りの準備用としては推奨できないという事に気づかぬまま、分厚い本の間にペーパータオルを敷いて、その上に花びらを並べていきます。ジャックと摘んで来たブルーのお花と楓の葉が既にいい感じ(^^) 並べ終わったら、ペーパータオルを上からかぶせて、本をゆっくり閉じます。
ピンク色の花びらも同様の作業で、分厚い本の別なページにペーパータオルを敷いて、花びらを並べ、上からさらにペーパータオルを被せて本を閉じ、下準備ほぼ完了。このまま他の本を上に乗せて重石にし、花びらの中の水分がペーパータオルに吸い取られるようにします。


… 完成編へとつづく...