2015年5月23日土曜日

宮島観光旅行 ~ 厳島神社編

このブログは約一年前の日本帰国時に行った宮島観光旅行の時のブログなのですが、なんと下書きフォルダーに入ったまま一年が経過していました。先日 Sea-Tac 空港まで送って行った友人が、自分の宮島旅行の情報を見て、帰国中に宮島に行くことにしたと言っていたので、今更ですが、宮島観光旅行、厳島神社編です(公開日=5/18/2016)宮島旅行は日程が許せば宮島に宿泊するのがオススメです。

宮島泊だと、干潮時と満潮時の厳島神社が見られる確率が高い上、半日観光で島に渡って来る観光客達で混雑する時間帯を避けて厳島神社を丸ごと独り占め気分で参拝できたりしてとてもよかったです(^^) 朝一で観光客がまばらな時間帯に行くと、こんな感じで実によかったです。
観光客がピークの時間帯に参拝だとこんな写真はちょっと撮れないほどの交通量なのですが、朝早く参拝に来たおかげで朱色の柱と床板と自分との間には何もなく、朝の静けさとか、靴底に感じる床板の感触などを楽しみながら、厳島神社をゆっくりと参拝してまわりました。
干潮時には大鳥居まで歩いて行けるぐらい水が引く厳島神社。満潮時は波が通路に押し寄せるぐらい水位が上がるのかと思ったら、通常は床板よりも割と低い位置までしか水位が上がって来ない模様。それでも台風が来たりすると、満潮時の潮位が通常よりもあがり床上浸水になることもたまにはあるのだとか...
こちらが満潮時をやや過ぎたあたりの厳島神社です。半日観光で来る場合には、どちらかと言うと干潮時に合わせて島に渡って来ると、大鳥居まで歩いて行けるので、一粒で二度美味しい気分を味わえるかな(^^? と思いますが、せっかく神々の島、宮島まで来るのだから、この景色も生で見て行って欲しいと思います(^^)
こちらは厳島神社内に作られた舞台の先端部分で、ここから大鳥居井を背景に記念写真撮影をする人が多数いる人気のスポットなのですが、いちゃいちゃカップルから、外国人観光客も含めとにかく列が短くならず(待ち時間が長かった分、ひとたび自分の順番が回って来ると、ここぞとばかり時間をかけて写真を撮るようで)自分達はこのスポットは飛ばして他のエリアを先に見て回ったりしていました。
観光客がいない時間帯に来るとこんな感じです。灯籠と、大鳥居の向こうには本土側の広島県が見えます。いつか家族で参拝に行きたい厳島神社です(このブログを書いていたら、真剣に旅行のプランを練りたくなってきました^^)
こちらも、朝一で参拝に来た時に撮った写真ですが、これは拝殿の中から高舞台とその向うに見える大鳥居を撮った一枚です。他にも参拝客がいたのですが、ホテルの宿泊客もきっと朝食の時間やらチェックアウトの準備やらで朝一から参拝に来る客も少なかったので、まさに厳島神社独り占めのシアワセでした(^^) 
こちらは厳島神社の神紋、三つ盛亀甲に剣花菱です。お土産にお守りとしゃもじを本殿で買って帰って来ましたが、この神紋を見るとそれだけでほっとする感じがします(^^)