2015年5月24日日曜日

本場広島で広島お好み焼き初体験

二泊三日の広島(宮島)旅行最終日に、マイクロソフトの中四国支店(広島)勤務の K口隊長が、JR の宮島フェリーの宮島口(広島本土側)まで、午前中に迎えに来てくれて、そのまま半日観光に連れて行ってくれたのですが、その半日観光の締めくくりとして連れて行ってくれたのが、広島市内にある "ふみちゃん" というお好み焼き屋さん。
広島から東京まで新幹線で 4 時間とは言え、調布まで帰る事を考えて、ちょっと早目の夕食でしたが、よく考えたら二人とも一山登った後もランチ代わりのアイスクリームしか食べていなかったので、4 時頃から晩御飯でも胃袋的には全然 OK でした(^^) お好み焼き以外の焼き物も美味しいという事で、豚バラや鳥のナンコツ等を頼んで、人間ドック前だったのですが、ここでもビールを一杯(^^) 夏のような暑い日だったので、冷たいビールが実に美味しく感じました(結局毎日一杯は飲んでいる自分)
本場広島で、今回広島お好み焼きを初体験でしたが、これは自分が思っているお好み焼きとは全然別物だわ~と思うほど、広島のお好み焼きは違いました。広島の方が皮が薄く、繋ぎがないので、食感がライトで、軽く二枚ぐらい食べられそうな感じでした。自分が慣れ親しんでいるお好み焼きは、小麦粉を水や山芋等と混ぜ合わせた、所謂繋ぎの部分が材料を繋ぎ合わせる要になっていて、英語風に言うとパンケーキ系。
広島のお好み焼きができるまでをじーっと見ていたら、まずは薄い皮(ホントに超薄い!)があって、その上に野菜がたっぷり乗り、具が乗ったその上に薄っぺらい皮が乗って、それを型崩れしないように巧く焼いたものが広島お好み焼き... に見えました。
間にソバ(麺)が入っているお好み焼きも注文したのですが、麺類が入っているお好み焼きを食べた事自体初めてで、これも実に新鮮な味わいでした。麺が入っているにもかかわらず、こんなに胃に軽く感じるのは何故? と思ったのですが、繋ぎの部分がお好み焼きのあの重たい感じを出していたんだな~と思いました。
大学時代に、バイトで焼きそばを焼いた経験がある自分から言わしてもらうと、こんな薄い皮のお好み焼きをひっくり返したり、切れ目を入れたりするのは、かなり技がいるに違いない... と思いました。
こちらはシソの葉入りの広島お好み焼き。シソの葉が具というところも新鮮でしたが、お味も新鮮でした。あとは広島のネギは辛くない(甘い)そうで、生のままのネギがこんなにたっぷり乗っていても、ネギ特有の辛味がなくて非常に食べやすかったです(^^)
こちらはソバ(麺)入りのふみちゃんスペシャル。これも繋ぎがないというだけで、麺が入っていてもライトな食べ応え(それともこれがライトに感じる自分の胃袋に問題があるのかも^^?)で、広島お好み焼きのまとめ、としては、"軽い" の一言に尽きました。うちで時々お肉類を全く使わない野菜玉(キャベツと紅生姜のお好み焼き)を作っているのですが、キャベツを千切りにして、薄い皮にして繋ぎを極力減らしたら、広島風お好み焼きになりそうで、次回キャベツを買った時にでも試してみようと思います(^^)
お天気に恵まれた K口隊長と行く広島・山口半日観光を美味しいお好み焼きで締めくくり、午後 5 時台の新幹線で無事に東京に戻りました。K口隊長、日曜日なのに半日お付き合いいただきありがとうございました(^^)


新幹線に乗る前に、ふみちゃんであれだけ食べたのに、やっぱり広島駅で駅弁を買ってしまった自分でした(^^;; 人間ドック前なのに… ドカ食い禁止令はどーしたっ>自分