2015年5月29日金曜日

美し過ぎるデザート ~ 花のババロア(^^)

日本滞在中に毎朝見ていたニュース&芸能ニュース番組で紹介していた Edible Flower (エディブルフラワー=食用の花)入りの洋菓子店。今年の 5 月にオープンしたばかりのお店なのですが、その美し過ぎる花のババロアに結構な行列ができるお店になっていました。自分はこのお店の情報をテレビで見た時から、これは日本滞在中に絶対に試食しておかねば!と思っていたのですが、人間ドック後の M 嬢、K 嬢との最強女子会用の手土産にピッタリ!と思い、女子会の日にこのお店に立ち寄ったのですが...

メディアで取り上げられてしまった事による宣伝効果も相まって、お店の前には長蛇の列。しかも前の人が何か買うたびに品切れになってしまうのではないかと冷や冷やドキドキ。やっと自分の順番が来た時には、ショーケースの中からベースが黄色いババロアがなくなってしまい(前のオヤジがそのババロアを買ったせいで)一瞬アセリましたが、黄色のババロアは別な冷蔵庫に在庫がありそれを含めて計三個お買い上げ(ほっ)
自分が円型のババロアを三個もまとめ買いしていたので、後ろに並んでいたおねーさんがものすごくドキドキしているのが伝わって来ました(笑)列が長くて、折り返し地点より後ろにいた人達は「売り切れるかも~」とマジで焦っていましたが、30 分前にその地点にいた自分にはその焦る気持ちが痛いほどわかりました(^^;; 自分も、こんなに待ったのに何も買えなかったら最悪~という思いと、予想以上の待ち行列のせいで、既に女子会に 30 分以上の遅刻が決定しているのに、手ぶらでレストランへ向かったら虚し過ぎる~という思いの板挟みにあっていました。
Web サイトに載っている写真の方が断然きれいですが、間近で見るともぅ~ホントにキレイなデザートなのです(^^) Web サイトによると売り切れ続出で、生産が追い付いていないようなのですが、これは人気商品になるのも頷ける一品でした(^^) Edible Flower(食用の花)は昔と比べると随分と美味しくなった気がします(花の加工保存方法が進化したのかも?)昔は花びらは塩漬けしたようなしょっぱい味ぐらいで、花の種類も桜か菊の花ぐらいしか見かけなかったのですが、最近ではカラフルな色の花がサラダ等にも使われるようになり、あちこちで見かけるようになりました。
でも、こんなきれいな Edible Flower をふんだんに使ったデザートは初めてで、食べる前からワクワクでした(^^) 肝心のお味の方ですが、こんなにしっかりお花が入っているのに、全然ゴワつきやら、異物感がなく、とても食べやすいババロアでした(^^) お店の場所ですが、東京駅八重洲口付近にある商店街の一角でTOKYO ME+(と書いて、トウキョウミタスと読むらしい)内にあります。
東京の新名菓^^? の花のババロア。機会があったら是非一度試してみることをおススメします(^^) 持ち帰り用に保冷剤を入れてくれますが、暑い日はなるべく早く冷蔵庫に入れる事をおススメします。