2015年5月31日日曜日

温泉部、春の部活編(^^)

昨年の春にも三日に一度ぐらいの割合で訪れていた調布の深大寺温泉、湯守の里へ、今年も帰国中に何度か足を運ぶ機会がありました(^^) 今回も、一人温泉部、部活動と称し、スケジュールに余裕がある日は深大寺温泉へ行っていました。途中、Free WiFi のホットスポットでもあるセブンイレブンでドリンクを買いつつ、メールをチェックしたり、Facebook に近況アップデートしたり... 滞在中はお天気にも恵まれ、青空の下、昼間から温泉にゆっくり浸かれるという贅沢(^^)
月末(5/30 と 5/31)は、女性限定でバラの生け花水風呂開催と聞いていたので、フライト前日ながらも時間を見つけて最後の部活へ行って来ました(^^) 水風呂なんてあったかな? と思ったら、塩窯サウナの外にある小さな水風呂の事でした。おかげでバラの日はいつもよりも多めにサウナ→水風呂のサイクルを繰り返し、バラの花風呂を存分に楽しんできました(^^)
深大寺温泉で一番好きな高見台桧風呂に、今回も随分と長風呂をして浸かってきました。屋根の隙間から見える新緑が本当に癒し系で、いつまでも見ていたい景色でした。
途中のセブンイレブンで毎回買っていた "特茶"。脂肪分を分解する手助けをするという機能が売りのお茶で、今回も飲み物と言えば "特茶" な生活を人間ドックの前は特に心がけていました。その甲斐あってか、人間ドック当日は自分的にはかなり体調がよく、いつもより体が軽い感じで臨んだ健康診断でした。
昨年のブログにも書きましたが、深大寺温泉のお湯はミネラルをたくさん含んだ黒褐色のお湯(黒湯)で、この黒湯の香りがなんとも言えず好きな自分(^^) そして、この黒湯に映る新緑がまた目にも鮮やかで、小さいながらもお気に入りの温泉です。
温泉に浸かりながら、自分らしい老後の生き方やら、老後健康管理についても考えてみたり... 週に三回ぐらい温泉に通える生活ができたら、元気で長生きしそうだとか... やはり日本人が長寿なのは温泉大国だからなのかもしれない、等…水面に映る緑を見ながらのんびりと考え事をするのも楽しいひとときでした(^^)
今回は、日本に帰る度にマッサージを施してもらっているプロの鍼灸マッサージ師の A美ちゃんが温泉部の部活に参加できますよ~という事で、これは温泉上りにマッサージもお願いできちゃうかも(^^?  と、入館料+夕飯を奢るので、風呂上りにマッサージをしてもらうという条件で部員勧誘(^^) 夕方から温泉の入り口で待ち合わせ、小一時間ほど温泉に浸かった後は館内のお食事処で夕食でした。
人間ドック前だから、お魚系という事で、大好物の鯖塩定食。実は昨年の夏休みにお台場までマッサージに来てもらった時には、毎日暴飲暴食な日々で、ものすごくお腹いっぱいな生活を送っていたのですが、食べ過ぎの時に脹脛(ふくらはぎ)をマッサージされるとものすごく痛い、という体験が印象的で、今回は(太ってはいるものの)だいぶ食事には気を使っていたので、脹脛を揉まれてもあんなに痛くないはず! と思っていたら、予想通りそんなに痛くなく、自分的には去年の夏よりはかなりいい調子なんぢゃないかな? と思いました。本当に不思議なのですが、人間の体は食べ過ぎだと、なぜか脹脛を揉まれると痛く感じるようにできている模様。そんなわけで、今回は計三回ほどしか行けなかった深大寺温泉ですが、新入部員アリ、バラの生け花水風呂アリ、と、思い出深い春の温泉部、部活動でした(^^)