2015年5月24日日曜日

山口県プチ観光 ~ 岩国城と錦帯橋

二泊三日の広島(宮島)旅行最終日。一足先に新幹線で東京へ戻る T ちゃんと宮島のホテルで別れた後は、マイクロソフトの中四国支店(広島)勤務の K口隊長が、JR の宮島フェリーの宮島口(広島本土側)まで、午前中に車で迎えに来てくれて、そのまま山口県岩国市までドライブ & 登山 & 広島名物のお好み焼きを食べに広島市内へ... 
この日は真夏日でジリジリと照り付ける太陽の下、岩国城の袂にある錦川河川敷の特設駐車場に車を止めて、まずは錦帯橋に向かって歩いて行くと... 河川敷には岩国名物れんこんコロッケのお店やら、かき氷のサインが...
錦帯橋の上から錦川を覗き込むと、魚がたくさん泳いでいるのが見えて、恐らくこの美味しそうな焼き魚も錦川で獲れた魚に違いない...(見るからに美味しそうでした^^)
錦帯橋を岩国城側に渡り切った所には、焼き魚のお店以外に 100 種類のソフトクリームが売りのソフトクリーム屋さんがあり、岩国城までの登山の帰りにここに立ち寄り、K口隊長はほうじ茶味、自分は伯方の塩味のソフトクリームを注文。どちらもイケました(^^)
錦帯橋をバックに、K口隊長の元気なお姿を記念に一枚(^^)
ちなみに錦帯橋も世界遺産登録を目指しているとの事。

1673年に作られた錦帯橋は、過去に復旧工事もあるものの、今年で落成 342 年という長い歴史を持つ橋で、日本三名橋の一つでもあります。
橋を下から見上げると、世界でも類を見ない珍しい橋の構造を見る事ができます。素人目にも、この橋の建造にはかなり複雑かつ正確な大工仕事が必要だったのだろう、と予想できます。錦帯橋は創建から過去の修復の記録がほぼ完全な状態で残っているそうで、歴代の大工の棟梁から工法まで技術の継承が今日までなされているのだとか...
炎天下の中だったのですが、人間ドック前で少しでも歩いて脂肪を燃やしたい自分と、日頃からマラソンやらサイクリングで健康的な生活を続けている K口隊長は、ケーブルカーを使わずに遥か山頂に見える岩国城まで歩いて行く事に... 幸い山道は木陰もあり、砂漠の横断のような状況ではなかったのですが、二人とも汗ダラダラ(笑)でも無事に山頂の岩国城に到着(^^)
岩国城の天守閣からの眺めがまた素晴らしく、宮島ほどの人気はないかもしれませんが、錦帯橋とその周辺が世界文化遺産に指定されたらいいなぁ~と思いました。
こちらは蛇行する錦川をズームアウトして撮ってみた一枚。この川の氾濫で初代錦帯橋は流されてしまったり、錦帯橋の前に架かっていた橋も何度も流されていたそうなのですが、初代錦帯橋落成翌年の 1674 年に敷石の補強と橋の再建を行った後は、昭和の時代まで川の氾濫によって流失する事がなくなったそうです。宮島旅行の最終日のボーナス観光となった山口県岩国市の錦帯橋、岩国城と共に、なかなか見ごたえがありました(^^) K口隊長に感謝!です。