2015年5月22日金曜日

宮島観光旅行 ~ 宮島ロープウェイ & 日本三景、弥山登山

宮島観光でここは必ず登っておくべし!なスポットが弥山(みせ
ん)です。弥山へは、宮島ロープウェイ+ 30 分程度の登山で山頂まで行けます。宮城県の松島、京都の天の橋立、そして宮島と日本三景に名を連ねる宮島ですが、弥山の頂上から見る眺めはまさに絶景で、宮島に来たら是非ロープウェイを乗り継いで弥山へ!宮島ロープウェイの運行時間(下りの最終便が夕方 5 時頃なので、宮島に着く前にある程度観光プランを立てておくことをおススメします。
自分達は宮島に 2 泊の日程で来ていたので時間的には余裕があったのですが、お天気がいい日にとっとと弥山に登っておくべきだと思ったので、宮島到着後、ホテルに荷物を預けた後、ロープウェイ乗り場への無料バス乗り場へ向かいました。行きは無料バスを利用したのですが、帰りは下りなのでバスではなく、紅葉谷公園内を通ってホテルの近くまで歩いて降りて来ました。ロープウェイでまずは獅子岩展望エリアまで上ります。


獅子岩からの眺めを楽しんだ後は、さらにその上に上るロープウェイに乗り換え弥山へ。余談ですが、沢山の外人客が宮島に訪れるので、当然ロープウェイでも外人客と一緒になる確率が高いです。天気のいい日はロープウェイ内の気温も高く(冷暖房は付いていないので)結構暑かったのですが、あるヨーロッパ系と思われる観光客二人組(のうち多分男性の方だと思う)の体臭がきつくて正直気絶するかと思いました(臭かった~っ)(涙)あれは拷問に近いモノがありました。 
誰もが一便でも早いロープウェイに乗ろうとしている中、、もし前後に異臭を放っている人がいたら、次回は一本後ろの便を待とうと思いました(← 自分達の背後にいた外人客が突如列から消えたのはもしかしたらこの臭い外人客の存在を知っていたからだったのかもしれないと、後から考えれば考えるほど一人で納得してしまいました。でもそんな辛い経験をしても登る価値アリな弥山です(^^) 山頂に近づくにつれ、大きな岩が目の前に...
宮島自体が神々の住む島としてパワースポットみたいなものですが、弥山の巨大な岩はその中でもさらに神秘なパワースポットになっているようです。この岩の上に上っている観光客の姿もありましたが、神々の住む島の岩... というと、なんだかその岩に上るのはバチあたりな気がしたのですが、これらの岩にしめ縄なんぞ巻いてあったら、少なくとも日本人観光客は岩の上の登ったりしなくなりそうな気が... それとも、パワースポットだったらガンガンパワーを吸収するべく岩の上に登る方がアリなんですかね? などと思っているうちに頂上に到着(^^)
弥山の頂上までの道は、自然以外には特に何もない普通の山道だったので、まさか頂上にこんな癒し系の休憩所があるとは想像もしていなかっただけに嬉しいサプライズだった展望台兼休憩所。板張りの床に寝転がりしばし休憩でしたが、そのままここでお昼寝をしたくなるような居心地のよさ+見事な景観でした(^^) 
この上が屋上展望台になっていますが、一階の休憩所の方が風情があって自分的にはおススメの場所でした。時間があればこのままずっとここで昼寝をしていたいぐらいだったのですが、帰りのロープウェイの最終便に乗り遅れないように、と、ほどなく下山を開始。なんだかんだで麓のロープウェイ乗り場から、弥山の頂上までに一時間以上経過していたので、下山して、ホテルに戻る頃には夕飯の時間に近くなっていました。
東京から朝 7 時台の新幹線で午前中に広島入りして、お昼過ぎに宮島入り、その後ホテルに寄ってその後すぐにロープウェイで山に登るというスケジュールでしたが、翌日は一日厳島神社や周辺の観光に時間を使いたかったので、初日に弥山登山を済ませることができてよかったです(^^)
米軍の岩国基地が近いせいか瀬戸内海上空を飛ぶ戦闘機二機を発見。ところで、日本地図上でみると、宮島は厳島と表記されていて、実は厳島が正式名称なのだという事をこの年になって知りました。ウィキペディアに、宮島と厳島の使い分けには特に決まりはなく、島の正式名は厳島だけれど、呼びやすさなどで、宮島という通称が広く使われているのだそうです(なるほど~)