2015年5月8日金曜日

TGIF! Teacher Appreciation Day & その他諸々

今日は Teacher Appreciation Week 最終日で、学校のスタッフや先生達に丸一日スナック(クッキーやらデザート類)を楽しんでもらうという企画で、自分も朝からシュガークッキーを差し入れ、ついでに今日は Pet Food Drive(ペットフードを寄付する日)の最終日でもあったので、家にあった猫缶やらキャットフードも学校に寄付してきました。(最終的には学校から、動物保護団体へと寄付されるしくみ)今日はさらに、クラスの担任の先生に、親達からの寄付でいっぱいのギフトバスケットを贈る日でもあり、自分達からも本屋さんのギフトカードをギフトバスケット用に寄付。 
この三年間のジャックの担任の先生を見ていると、どの先生もいい先生で、しかも毎年さらにいい先生に当たっているような気さえするほど!! 今の担任の先生には、ジャックも相当信頼を寄せていて、来年もまた彼以上に素晴らしい先生に出会えるといいな~と思っています。昨年の Mrs. G も相当いい先生でしたが、今年の担任の Mr. M も本当にいい先生で、単に先生というだけでなく、二児の父親でもある Mr. M はジャックが大人になった時のいい role model(模範)にもなれる人柄でとても気に入っています。日本の公立の小学校では、先生に贈り物をする習慣はなかったと思うのですが、日頃からお世話になっている先生に、年に一回ぐらい感謝の気持ちを表す日があるのはよい事だと思いました。

さて、今週もあっという間に金曜日ですが、毎日が驚くほど早く過ぎていき、相変わらず痩せる気配もなく(ホントにヤバいです)… 今週は昔の同僚と会ったりして、暫く会っていなかった他の元同僚の近況などの話も聞けたのですが、自分達が年をとった分、同僚達の子供達も成長していて、パキスタン人の同僚の子供はもう大学の三年生だったり、入社当時高校生のような青年だったアメリカ人の J もいつの間にか結婚して子供が生まれ、先日の Lunch Commitment の際に嬉しそうに J (お父さん)譲りの金髪のかわいい息子の写真を見せてくれたり(^^)(先日のランチのメンバーの写真はFB Only)... 自分の姪も実はこの春から、念願の志望大学で学生生活を送っていますが、自分ぐらいの年齢になると子育ても終盤の人がほとんどだなぁ... と、元同僚達と話をしていてつくづく思いました。アメリカは 5 月または 6 月に、学校の卒業式があるのですが、ジャックも 6 月半ばで終業式で、その後は2ヶ月半の長い夏休み。今週サマースクールやサマーキャンプの予約をようやく済ませた所です。ところで、先日のランチには不参加だった元同僚のお子さん(男の子)が実は今ではアメリカのダンス競技で、ジュニアクラスの全米一位、二位を争うダンサー(ワルツを始め他種目の社交ダンス)に成長している事をその元同僚の Facebook で知り、バリバリのデベロッパーマネージャーだった彼女の母親としての意外な一面を見た気がしました。でも、カッコよく成長した青い目の息子さんが、大人顔負けの軽やかなステップでダンスフロアをパートナーと一緒に踊る様子には、"社交界" の三文字が刻まれているようで実にカッコよかったです(^^) 

Facebook は疎遠になっている人達の近況がわかる点では一番便利な SNS だと思います。最近の例では David Goldberg 氏の件でもそうでしたが、訃報も Facebook 経由で広がる時代になりました。嬉しいニュースだけじゃなく、家族やペットの訃報やら、病気見舞い等、いちいち個人宛に連絡を入れなくても、なんとなく知らせが伝わるのは実は便利なんだなぁ…と。先日も知人の家族の訃報を Facebook で見かけ、お悔やみのメッセージを残したのですが、Facebook  がなかったら、きっと何も知らずにいただろうと思いました。ネット上での付き合いも、ご近所付き合い同様のエチケットや冠婚葬祭のマナーがあると自分は信じていますが、自分達ぐらいの年齢になると、単に休暇をとって親孝行のための帰省・帰国以外に、家族が重病などの理由で実家に帰省・帰国している場合も多々あるので、本人が SNS 上で近況を友人・知人に公表しない限り、なぜ帰省しているのか? や、誰か具合でも悪いのか? 等の興味本位な投稿を、自分はしないように心がけています。ちょっとした事ですが、顔が見えないネット上での付き合いだけに、マナーには気を配りたいと思っています。