2015年6月29日月曜日

夏休み 10日目: オレゴンへ家族旅行 Day 2 ~ Mt. Hood ハイキング

オレゴン旅行、二日目の月曜日は、朝からお天気に恵まれ、気温もグングン上昇する中、Mt. Hood へハイキングに行って来ました。実は Mt. Hood に行くのは初めてで、こんなに開発の進んだ山だとは知らず、夏スキーや夏スノボの合宿(サマーキャンプ)で来ている学生達(下はジャックぐらいの年齢の子供達から、上は大学生? 社会人風な大人まで)で超賑わっていました。スキー&スノボ客は、リフトチェアーでかなり上の方まで行けるようになっていて、そこからみんな滑って降りて来ていました。 
着替え一式が入ったバッグを家に置き忘れ、昨日は一瞬かなりピンチな状況に陥ったものの、今日は昨日ホテルの近くのアウトドアスポーツ用品店で買ったセール品の服に上から下まで身を包み、 旦那とジャックと三人で Mt. Hood をハイキングでした(^^) Columbia のショートパンツ安かっただけでなく履き心地もよくて気に入りました(^^) 毎日暑くて汗ダラダラなので、同じ服を毎日着るという最悪の事態を避けられ本当に助かりました(^^)
ちなみにそのスポーツ用品店には、下着も売っていました。きっとキャンプや水遊びで、ほどほどに需要があるのかも? さて、Mt. Rainier と違って、日陰がほとんどない Mt. Hood。チェアリフトで登った後は、ゴツゴツした岩肌と残雪があるエリア以外は、特に木もなく...  おかげで蚊に刺される心配がなかったのはよかったですが、後で見たら腕が思いっきり日焼けしていました(^^;;
稼働しているチェアリフトが二基あり、Magic Mile Skyride (大人往復 $15)で Mt.Hood の裾あたりまで上り、その先、もう一基のリフトは山の中腹あたりまで行けるようになっていて、Mt. Hood ってこんなに便利な山だったんだ~!! と思いました。山の中腹まで行くリフトはスキー客とスノーボーダー専用になっていて、ハイキング客は Magic Mile Skyride の後は徒歩で登山。山の中腹からスキーで滑り降りて来る人達の姿を見ながらてくてく登っていました。 
高所恐怖症な自分は、この手のリフトが大の苦手(><)携帯を落としたらどうしよう!? やら、靴が脱げちゃったら? 突然強風に煽られたら? 等々、色々考えてしまうので、ひたすら前を向いて座っているのですが、横に座っているジャックは、自分のそういう怯えた姿を見るのが楽しいらしく、足元を見てみたら? とか、色々横で言っていました。ジャックに自分の高所恐怖症が遺伝しなかったのは本当に不幸中の幸い(^^? だな、と。 後半はそんなには怖くなかったのですが、途中で停止するとやはりドキドキしました。
今回初めて Mt. Hood に来て、おぉ~っ! これはスゴイ! と思ったのが、スキーやスノボのサマーキャンプ。こちらの写真は下りのリフト乗り場の渋滞ですが、サマーキャンプの子供達は、麓から専用のバスで乗り付け、みんなで登って、滑り降りて帰る... というのを午前中からやっているようで、自然に恵まれたエリアならではのサマーキャンプでよいな~と思いました(^^) 冬に滑るスキーよりも楽しそうだな... と。いつか、ジャックもこういうサマーキャンプに入れてみてもいいかも(^^? と思いました。自分達が下山してくる頃にはこの渋滞はなくなっていて、スムーズに駐車場のエリアまで戻って来る事ができ、スティーブン・キングのホラー映画「The Shining」でも有名な Timberline Lodge のダイニングルームでランチを食べてからホテルへ戻りました(^^)  Timberline Lodge 編へ、つづく...