2015年6月29日月曜日

夏休み 10日目: オレゴンへ家族旅行 Day 2 ~ ホラー映画 The Shining のホテルで駆け込みランチ(^^)

Mt. Hood ハイキングから戻った後は、これまた旦那の希望で、Timberline Lodge で遅めのランチを食べてから下山する事に... 駐車場やロッジがあるエリアは Timberline (樹木が育つ高度の限界ライン)の内側なので、淡い紫色の高山植物がちょうど花盛りできれいでした(^^)
旦那も自分もスティーブン・キングが原作のホラー映画 The Shining は何度も見ているのですが、お土産屋さんで The Shining の本が売られているのを見るまで、このホテルが映画の中に出て来るあのホテルだと全然気づかず... ジャックが「I've seen this hotel before.」 と言っていたのは、もしかしたら、映画の怖くないシーンを一緒に見ていて覚えていたのかも? 
ホテルのロビーの一角にあった、ホテルの歴史年表にも映画 The Shining の事が載っていました。 今回のオレゴン・Mt. Hood ハイキングのせいで The Shining をまた見てみたくなりました(ジャックが怖い夢でうなされるといけないので、ジャックが寝た後に見るか、前半だけ一緒に見て、後半はジャックが寝てから…ですね)ちなみに映画では、ホテルの外観が使われていますが、中は撮影スタジオ内に作られたセットだったそうです。
実際の Timberline Lodge ホテルの中は、映画の中に出て来る Overlook Hotel とは全然違う雰囲気の内装で、正面入り口を入ると写真のような、木と石で作られた円型のロビーエリアになっていました。ホテルのフロントは意外と小さくて、お土産屋さんへと続く通路の一角にありました。Mt. Hood の袂で、立地条件もよく、そのうち泊まってみたいホテル候補の一つという事で、ホテルのパンフレットを貰って帰って来ました(^^)
二階に上がると、同じような円型の構造のフロアがあり、窓際のエリアはダイニングルームになっていました。ホテルの中を見て回っているうちに、すっかりランチタイムを過ぎていて、2 時までのランチバフェがまさに終了しようとしているタイミングでした。まだ、バフェテーブルの片付けが始まっていなかったので、レストランの人に、2 時過ぎてしまったけれど、まだランチバフェ(ビュッフェ)が利用できるかどうか聞いたら、あと 15 分ほどでラストオーダーになってもよければ… という事でギリギリセーフ(ほっ)
ホテルは今年で開業 78 年との事ですが、床や階段や柱に使われている木材に長い歴史を感じると共に、それらの古い木造建造物の色といい手触りが実にいい味を出していて、いい雰囲気のホテルでした。
ランチタイムがほぼ終了の時間だった事もあり、ダイニングルームの中も空いていて、空いていた窓際のテーブルに案内してもらった後は、三人ともまずはバフェ(ビュッフェ)テーブルへ食べ物を取りにダッシュでした(^^;; 実際には自分達の後にさらに 2 組ほど駆け込み客がいて、そんなに急かされる事もなく、ゆっくり食事ができました。
食べ物の写真を撮っている余裕がなかったのが残念でしたが、食わず嫌い大王のジャックが美味しい!と言って食べていたので、ここのバフェ(ビュッフェ)のお料理は合格点のお料理でした(^^) 「15 分で慌てて食べるランチバフェはイマイチなんぢゃ?」と乗り気ではなかった旦那も、食べ物もデザートも美味しかった~と言って満足そうに満腹のお腹をさすっていました(^^)
肉料理が美味しくてポイントが高かったランチバフェ(ビュッフェ)でしたが、旦那が太鼓判を押していたのがこちらのデザート。自分も真っ先にデザートのテーブルから取って来た一品ですが、ストロベリーとチョコレートでできた美味しいデザートでした(^^) 自分も、晩御飯は要らないかも? というぐらい、この駆け込みランチで食べまくり、歩くのも苦しいぐらい満腹のお腹を抱えて下山しました。というわけで、Mt.Hood は Cannon Beach に加え新たなお気に入りの休暇先となりました(^^)