2015年6月26日金曜日

米国の最新ニュースより ~ 同性婚がアメリカ全州で合法に

今日一番の Breaking News は、これまで州によって同性婚が認められたり、認められていなかったりしていましたが、今朝のアメリカ最高裁判所での判決で、同性婚は今後アメリカの全ての州で合法と見なされるというニュースでした。ニュースでも、これはアメリカにとって歴史的な日だと言っていましたが、これからの家族はパパが二人、ママが二人な家族が今まで以上に増えて行くのだろうなと思います。ワシントン州では既に同性婚は合法化されているので、今朝の判決によって何かが大きく変わるという事はないのですが、強いて言えばこれから同性婚が当たり前の世の中で生きて行く子供を持つ親としては、同性同士の性教育を、従来の性教育に必須項目として追加してもらえたら少々安心かな? ... と。正直、男同士だとどーなの? と、旦那も自分も聞きかじりのいい加減な知識しか持っていないので、学校で、予備知識として知っておくと便利な情報等があれば、親としも是非知っておきたいと思います。世界的に見ると、ヨーロッパや北欧は同性婚や同性愛を国が容認している所もあり、アメリカもその流れにいずれ乘って行くだろうとは思っていましたが、今年にそうなるとは思っていなかったので驚きました。

お祝いムードばかりがニュースでは流れていますが、同性婚に反対する人達も勿論たくさんいて、例えば信仰する宗教の教えにより、結婚は男女間でのものであるべき、と思っている人々にとっては、これは神の教えに反する判決だと思います。その気持ちは、ワシントン州が娯楽用のマリファナを合法化してしまった時に自分が感じた気持ちと同じか、それよりも何十倍も口惜しい気分だと思いますが、個人の意に反して、自治体や州や国が新しいルールを決める事は多々あります。最高裁が聖書を違法とする事はこれからもないと思いますが(あったらスゴイかも!)、今日の判決は、映画 The Imitation Game に出て来る Alan のような人達が、社会的な非難を受けたり、同性愛の治療と称して薬物やホルモンを投与されたり、自殺に追い込まれたりする時代の終焉を意味するのかもしれないと思いました。