2015年6月4日木曜日

今夜は小学生のタレントショーでした(^^)

ラーメン山頭火で晩御飯を食べていたら、ジャックが「今日は夕方 7 時からタレントショーがあるけど...」と言うので、えーっ、それは観に行かねば!! という事で、夕飯の後は小学校へ。幸いラーメン屋さんも、小学校も、自宅も車で数分の距離なので、ゆっくり晩御飯を食べた後、タレントショーが始まる前までに小学校に着く事ができました(^^) 今年も歌あり、踊りあり、ピアノ演奏ありのタレントショーでした。(写真は Taylor Swift のヒット曲 "Shake It Off" のダンスを披露する女の子達)
昨年のタレントショーでは、ピアノの演奏をする子達がみんな中国人(か韓国人?)で、いかにもタイガーマムに尻を叩かれながら練習しました... 的なクラッシック音楽を弾いていて、こう言っては何ですが、光るものがないな~と思っていたのですが、今年はピアノの演奏がほんっとによかったです。相変わらず弾いているのは中国人?(か韓国人?)の子なのですが、"音が楽しいと書いて音楽" という音楽の先生の言葉を思い出させてくれる名演奏でした(^^)
クラッシックは小学生の耳には退屈だという事に親達が気づいてくれたのか? 今年のピアノ演奏をやった子達は全員選曲がとてもよくて、その中の一人(多分韓国人の小学五年生の男の子)が弾いていた Summer という曲には、横でジタバタしていたジャックも身を乗り出して聞き入っていたので、後から調べてみたら、「菊次郎の夏」という日本の映画で使われていた音楽でした。久石譲さん作曲で、彼自身が演奏する Summer のビデオはこちらです。(小学生の男の子もかなり上手に弾いていました)写真はインターミッション中(=ショーの途中の休憩時間)...
タレントショーは二年生から五年生までが出場可能(観に来るのは一年生でもOK)で、ジャックのクラスメートの女の子達や、元のクラスメートの子達が歌や器械体操、ダンス等をステージの上で披露していました。女の子のパフォーマーの中には、本物のミュージカルに出られそうな歌唱力の子や、ステージでの存在感のある子もいて、去年よりさらにパワーアップしたタレントショーでした。タレントショーの後は、学校のグラウンドで持って来たミニフットボールで上級生の男の子達としばし遊んでいたジャック。
他の子達が親に連れられて帰った後、旦那と一緒に暫くミニフットボールでキャッチボールをしてから帰りましたが、久々に親子三人揃い、旦那と遊ぶジャックの姿を見ていたら、なんだかずいぶん大きくなったよな~と思いました。タレントショーが終わると、もう夏休みがそこまで来ている感じで、今年度もあっという間に終わりだな~と思いました。今年の夏休みは既にサマースクールに申し込んであるので、親的には楽な夏休みなのですが、Cub Scout のサマーキャンプもあり、何十人もの男の子達と一緒に夏を過ごす事で、ぬいぐるみ達と過ごす何気ない時間が好きなジャックから、ややクソガキ度が上がった "野郎" になってしまうんだな~きっと~(T_T) と、ちょっぴり怖いような寂しいような、8 歳の夏になりそうです。実は自分が日本に行く前に、家の中を大掃除していた時に、ジャックの大好きなぬいぐるみ達を大きな箱に入れておいたのですが、大親友のベア以外、他のぬいぐるみ達がその箱に入ったままだったので、とうとうぬいぐるみ達から卒業する時期が来たのかも...と思っていたところでした。先週は途中から旦那も出張でいなくなってしまい、"Man of the house"(一家の大黒柱)として、高齢のおばあちゃんと安全に暮らしていかねば、という経験も、精神的にちょっぴり大人になる要因になったのではないかな? と思っています。