2015年6月13日土曜日

Cub Scout の一泊キャンプ ~ AeroBed 持参の軟弱キャンパー(^^;;

今週末は Cub Scout のイベントで、森の中で一泊のキャンプ。参加条件がスカウトのメンバーとその親のみという事で、何となく野郎キャンプの香りがする… と思っていた読みは正しく、現地に到着した旦那からのテキストメッセージには、"no moms on this trip" とあり、旦那とジャックに「一緒に行こうよ」と勧められていたのを断って正解だったと思いました(^^;; 男の子の子育てには、こういう野郎ばっかりのキャンプとか大事だよな~きっと!と思っていたので、家で老猫と一緒にお留守番がてら、自分はプールに泳ぎに行ったりして男共がいない土曜日を満喫していました(^^)
うちの旦那は、小さい頃に実のお父さんを交通事故で亡くしているので、ほぼお義母さんの手によって育てられたようなものなのですが、父親不在の家庭で育つと、どこか男らしさ? というのか、ワイルドさに欠けるような気がして、旦那には、ジャックに対して逞しくて強いお父さんの見本でいて欲しいのですが... キャンプの前日に空気で膨らます AeroBed の Queen size ベッドを2個も買いに行き(テントの中でもベッドで寝られるよう)、それって軟弱過ぎるんぢゃ? と思ったのですが、旦那曰く "Camping in style" だそうで... たかが一泊のキャンプに異様に大きな荷物の旦那でした。 
ジャックに後で聞いたところ、ベッド持参で来た軟弱キャンパーはうちの他にあともう一人いたとの事(うちだけぢゃなかったのは不幸中の幸い^^?)上級生の子達は、森の中を自転車に乗るアクティビティがあったのですが、下級生の子達は斜面を上ったり、ロッククライミングもどきなアクティビティとハイキングだった模様(^^)
男兄弟がいると、夏休みのキャンプなんかもこんな感じで楽しいのかな^^? と思いますが、一人っ子のジャックには男ばっかりのキャンプはこれが生まれて初めての経験で、結構いい経験になったんぢゃないかな? と思います。旦那曰く、ジャックもこのキャンプ場がかなり気に入ったようなので、家族でまたキャンプしに来てもよいかも!と言っていました。 
参加したお父さん達が、グリルやら食糧、飲み物、スナック、にスモアの材料等、グループでのキャンプに必要なものを人数分以上に用意して来てくれたので、子供達も大人もお腹いっぱい、楽しいキャンプだったようでした(^^) 
公園情報: Lake Sylvia State Park
ワシントン州立公園で、釣り、ボート遊び(モーター無しのボートのみ)、水泳可、キャンプ場(31 テントサイト、電源あり、トイレ完備、オンライン予約可)