2015年7月5日日曜日

夏休み 16日目: Kinetic Sand の海 & ファミリ―ゲームナイト

平日はジャックがサマースクールに行っているので、いまいち一緒に工作をして遊ぶ暇がないのが残念なのですが、この夏一つ目の工作・創作系プロジェクトは、青色の Kinetic Sand で作った海。二年ほど前から人気商品としてあちこちで見かける Kinetic Sand なのですが、これは本当に秀逸な玩具で、大人の自分もかなり気に入っています(^^) 手にくっついたり、風で散らかったりしないのに、砂粒は粘土のようにくっつき、乾燥しないという優れモノの砂の玩具です(^^)

この Sea World プロジェクト、元々はお義母さんとジャックの間での創作アートプロジェクトで、真ん中の大きな宝石もどきはジャックがお義母さんにねだって買ってもらったものらしいです(日本から帰って来た時にテーブルの上に置いてあって、うわっ趣味悪~っ!と思った宝石もどきなのですが、後で聞いたら、ジャックがどうしても!と欲しがって買ってもらったモノなのだとか^^;;)その他カラーヒトデもお義母さんが買ってくれたものとの事。海の部分は Kinetic Sand で、好きな位置に貝を配置して出来上がり(^^) 簡単ながらも楽しいアートプロジェクトでした(^^) 
昼間は庭仕事の続き等で、珍しくどこへも出かけずに過ごした日曜日でしたが、夜は夏休みのプランの一つでもある、ファミリーゲームナイト(Family Game Night)。 ジャックも小さい頃からファミリーゲームが大好きで、うちにはジャックの成長に合わせて、色々なファミリーボードゲームがあり、昨年旦那が買って来た CATAN JUNIOR もその一つです(^^) 今日はジャックが日本で貰ったポケモンの UNO カードを持って来たので、ベッドルームで三人でポケモン UNO で三回戦。このポケモン UNO は昨年夏に日本の実家にジャックを連れて帰っていた時に、うちの両親とも散々遊んだ UNO なのですが、実家の母はこの手のカードゲーム(=手持ちのカードが早く無くなった人が勝ちなゲーム)では、必ずと言っていいほど、みんなが見ていない時に複数枚のカードをあたかも一枚のように見せかけてこっそり出すズルの常習犯(笑) ジャック相手に遊んでいる時にも、何度もその手を使っていて、なんとも大人気ないのですが、ポーカーフェースができない母が、何とも言えないにや~っとした顔をしながらズルをしている姿に、笑いが止まらずに何度も噴き出しながらゲームをした事は、今でもいい思い出になっています(^^) ジャックも、いい大人のおばあちゃんがズルをしていたという話をゲームの後で聞かされて、(怒るどころか)ジャックも大笑い。特に Doubt (ダウト)という化かし(ばかし)合いのゲームでは、公然とウソをつく事が許されるゲームなので、ジャックもうちの両親達も毎回笑い転げながら遊んでいました。今日はそんな思い出話をしながら、旦那とジャックと三人でポケモン UNO をして遊びましたが、みんな一回ずつ勝つ事ができて、三戦引き分けのよいゲームナイトでした(^^)