2015年7月19日日曜日

夏休み 30日目: Marination で見た平和ボケな人 & Enatai Beach で Fishing

USS Turner Joy のセルフガイドツアーを終え、シアトルまでフェリーで戻ったら、もう夕飯の時間が近づいていたので、そのままシアトルで食事をして帰る事に... 食わず嫌い大王なジャックは、例によって「家でご飯を食べたい」とゴネ始めたものの、日曜日で、プチ観光の後で、これから家に帰って料理する身にもなって欲しいぞ~と思ったので、全力で外食に一票。旦那も West Seattle の Marination Ma Kai でかき氷を食べて帰る案に大賛成で、多数決により Marination Ma Kai へ。
自分はいつもの PORK KATSU SANDWICH(=トンカツサンド、$11 也)と、レギュラーサイズのかき氷をジャックとシェアする事に(^^) 海沿いにあるMarination Ma Kai の前には注文待ちの人の長い列ができていましたが、注文でも並び、席の確保でも順番待ちかな? と思ったら、運よく空いているテーブルを確保(^^) 店内で空席探しに目を光らせていたある女性の行動をぼんやり眺めていたら...空きテーブルに猛進して行ったその女性が、ハンドバッグを椅子にかけ、携帯をテーブルに置いたまま席を離れ ”席取り" をしていて唖然。いくら何でもそれは平和ボケし過ぎでは?? 
Marination での夕食を終えると、ジャックが「I want to go fishing!」と釣りに行きたがり、車の中に釣り具一式が入っていない事を一瞬悔やんだものの(入っていたらそのままアルカイビーチ側で釣りができたので)、家に帰ってまったりしたい旦那と、釣り具を取りに帰りたりジャックの利害が一致し、食事の後はアルカイビーチでのお散歩もなく速攻帰宅。釣り具を持ってジャックと自分は昨日カヤックと水遊びをしに行ったビーチパークへ...
この桟橋は夏場は釣りを楽しむ家族連れや、本気で夕飯のおかずを釣っているのでは? と思われるアジア系(多分韓国人?)の家族がいたり、大人から小さな子供まで、誰かの釣り針に魚がかかっていて、釣り糸を垂らしていたら、誰にでも釣れそうな雰囲気がとても気に入っているスポットです(^^) 先日は小さな子供達が、子供の掌よりもさらに小さな小魚を釣り上げていましたが、ジャックはその姿にかなり触発され、ワーム(ミミズ)を買って釣りに行きたい!と昨日からしきりに言っていました。
ジャックの横で釣っていたおじさんが何やら小さな魚を釣り上げ、それを見ながら俄然やる気なジャック(^^) 一昨年の実績から言うと、今年は周囲で釣れている魚のサイズがかなり小さい気がしますが、稚魚でも持って帰る人が多くてそれもビックリ。稚魚は Catch & Release がマナーだと思っていたのですが、みんなフライにでもして食べるのか? 猫にでもあげるのか??
ジャックのルアー(疑似餌)は、周囲の釣り人達の本物のミミズの餌に比べると魚に人気がないのか、なかなか魚がかかって来なかったものの、途中とてもいい食い付きがあったと言って喜んでいました。
ジャックが釣りを楽しんでいる間、自分は夕焼けの写真を撮っていたのですが... 頭上を鷹(イーグル)? が旋回していて、鷹の写真を撮ったり、日没までの様子を撮ったり…
9 時頃日が沈んだ後もまだ泳いでいる人達や、釣りをしている人達も沢山いたのですが、月曜日からジャックはまたサマースクールなので、今日は小一時間ほど桟橋で釣を楽しんだ後、切り上げて帰って来ました。
こちらは頭上を飛んでいた鷹? の写真。なかなか動きが早くてシャッターを押す頃にはファインダーの外だったり... 大量のピンボケ写真の末、ようやく撮れた一枚でした(^^) そろそろカメラを買い替えよう... と随分前から言い続けているのですが、次の iPhone のカメラがよいらしいという話もあり、最終的には、携帯のカメラに落ち着く日が来るのかも?