2015年7月31日金曜日

夏休み 42日目: ピクセル亡き後、映画館を二軒梯子

(色々とバタバタしていてブログの更新が滞っていますが、ゆるゆると更新中...)

ピクセルが亡くなり、沢山のお花と共にピクセルを箱に入れ、動物病院へ火葬の手続きのために届けた後、ボロ泣きする旦那がピクセルのいない家にいるのは辛い... と言うので、家に帰らずそのまま映画館で最近公開の Mission: Impossible - Rogue Nation (2015) を観に近所の映画館へ... 本当は自分も結構疲れていて、そのまま家に帰って夕方ジャックを迎えに行くまで寝ていたい、と思ったのですが、とりあえず旦那の希望を汲んで映画館へ... Mission: Impossible - Rogue Nation (2015) は、レビューもよくて、このシリーズでも一番のデキという噂だったので、とても期待していたのですが(映画はかなりよかったです)、やっぱり二人ともピクセルを看取った直後で、体力的にも疲れていて、自分は映画の半分ぐらい、旦那は映画の三分の一ぐらいの間居眠りをしていて、せっかくいい映画なのに勿体無かったな~と思いました。トム・クルーズの映画は結構好きで、Mission: Impossible - Rogue Nation (2015) は、また機会があったら観に行くか、または DVD がリリースされたら見ようと思っています。


映画の後も、旦那が家には帰りたくないと言うので、いつもよりも早目にサマースクールへジャックを迎えに行き、早目のディナーを済ませ、もう一本映画を観に行く事にしました。二本目の映画は、日曜日にジャックとジャックのお友達と三人で観に行った PIXELS。旦那はこの映画は(レビューも低いので) DVD で見ればいいと言っていたのですが、コメディだし、気を紛らわすにはよい一本で、亡くなったピクセル(Pixel)の名前にも因んで、ちょうどよい記念の映画になるんぢゃないかな? と思い観に行きました。ジャックも日曜日にこの映画を見て、相当気に入っていたので、旦那も連れて家族三人でまた観に行ける事になり大喜びでした。いつか、ジャックが大きくなって、この映画をまた見る機会があったら、ピクセルの事も思い出すのではないかな(^^? と思います。

そんなわけで、映画を二本梯子した金曜日でしたが、ちょうどリリース前で仕事が忙しかった旦那も、今日は会社を休んでピクセルの事を思いながら過ごせたのはよかったと思います。最近ずっと残業がちで、あまりピクセルと過ごす時間がなかった旦那は、自分よりも多くの "後悔の念" を心に抱いているようでした。この二年弱、自分はずっと家にいられる状況だったので、老いた猫達と最後の時間を十分に過ごす事ができたのは幸運でした。その分、十分世話をしてあげられた満足感や、最期を看取ることができた事で、Mr.Whitelegs とピクセルの死に関しては、ペットは最後までちゃんと飼う... を実践できた気がして、後悔や自責の念はあまりなく、生き物の寿命として受け止める事ができた気がします。でもこれが仕事や子育てをしながら、死にゆくペット達の世話にも追われる状況だったら... きっとこんな穏やかな気持ちでピクセルを見送る事はできなかった気がします。今もキッチンに立つ度に、亡くなる直前までキッチンで過ごしていたピクセルの姿を思い出します。短い余命かもしれないから、好きな所にいさせてあげればいい、と思って、料理には多少不便でもキッチンカウンターにいさせてあげてよかったな~と思いました。