2015年7月16日木曜日

続・子供がかわいくない時期...

うちの子も可愛い盛りを過ぎ、やたらと自己主張はするものの、いい加減な行動ばかりが目に着くようになってきましたが、先日もブログに書いたように、親にとって、子供がかわいくない時期というのは絶対あるよな~と思っていた所へ、久々に Kate Plus 8 という TLC のリアリティーショーの最新のエピソードを見かけたので、ランチを食べながら見ていたのですが... 他人の子供ながら、やっぱり子供ってかわいくない時期ってある~ある~(うちの子の限ったことではないことを再認識)

Kate Plus 8  という番組は、元々は、Jon & Kate Plus 8 という番組からスタートしたリアリティーショーで、双子の女の子(Cara と通称 Mady)の他に、もう一人子供が欲しいと思っていた夫婦(Jon & Kate)が、待望の第三子が授かったと思ったら、それが六つ子(=Sextuplet)で、二人が日々奔走しながらも 8 人の子供を育てて行く様子を追ったドキュメンタリー番組だったのですが... やはり有名になり、高額なギャラも入り、生活がだんだんと派手になって行くうちに、お約束のように旦那さんの Jon が浮気をし子供 8 人を授かりながらも離婚(でも Kate が相当な鬼嫁だったので、Jon に同情する人も無きにしも...だったのですが、後には Jon もただの浮気男に成り下がり、今では、Kate だけが子供達とテレビ出演をするようになっています)

双子の女の子達は今やニキビ顔のティーンエージャーで、子供の頃に比べるとあんまり可愛くなくなっていました(でも女の子は大人になるとニキビも消え、メイクその他で大概美人になるのであまり心配しなくても大丈夫なはずなのですが...)見た目もいまいち可愛くなく、言動も可愛くないのが Mady。Cara はどちらかというとおとなしくて、あの家族の中では一番まともな子供に育っているように見えました。多分リアリティショーは他人の家庭のトラブルをお茶の間で見せる方が視聴率につながるので、そういうシーンを選んで放映しているのだと思いますが、それにしても言動がかわいくなくて、あれは自分が母親でもキレるだろうな~と思うシーンも... さらに、早くも 11歳 になった六つ子達も(親にとってはきっとどの子もかわいいのだと思いますが、他人の目から見ると、男の子達はみんなジェリービーンズみたいな頭だし、眼鏡の子は妙にとっつあん小僧みたいだったり、女の子達も特に目立ってかわいいわけでもなく…)あれこれと自己主張の強い年頃になっていて、ホントによほど忍耐強い人でないと実の親でもやってらんないのでは...? と思うほど... (子供はみんなかわいいなんてのはウソだよな~と^^)

でも、何と言っても一番かわいくないと思ったのが母親の Kate。昔は普通のアメリカ人のお母さんという感じで、性格はキツめでも、割と普通にかわいかった時期もあったのに、やはり人間は世間にもまれたり、辛い経験をすると顔つきが変わるというか、子育てのストレスで、眉間に皺を寄せ、溜息と共に白目をむいた顔(英語で rolling eyes と呼ぶ仕草)が、あまりにも酷くて、子育ての楽しさというよりも、苦難の方が前面に出過ぎていて、なんだか見ていて全然楽しくないリアリティーショーになってしまったなぁ... と思いました。子供達が小さかった頃は、大変な中にもまだどこかに、家族っていいよね、と思える部分があったのですが、Kate の不機嫌なブス顔(お化粧がケバいのもまたブス度をアップさせている)を見ていると、なんだか残念な気が...

父親が既に家族からドロップアウト状態なので、母親の Kate がものすごく頑張っているから成り立っている番組なのですが、一番頑張っている本人が、一番悪役に見えるのもなんだか理不尽でもあり... 人の振り見て我が振り直せで、あまりにも不快感を顕わにした表情を続けていると、その顔が自分の顔になってしまうんだなぁ... と、Kate の不機嫌な顔を見ながら、自分も気を付けねばと思いました。(自分も最近眉間に縦皺ができているので、要注意です)(><)