2015年8月5日水曜日

夏休み 47日目: 久々に手作りブラックベリージャム(^^)

ジャックの Twilight Camp 場にはブラックベリーがたくさんあって、キャンプの帰りにブラックベリーを摘んで帰って来たジャックが、もっとたくさんジャムが作れるぐらい摘んで帰りたい!と言うので、キャンプの後、あたりが薄暗くなるまでブラックベリーを摘んでいました。
ブラックベリーは棘が鋭いので、怪我をしないように気をつけながら、粒の揃った黒い色の摘み時のブラックベリーを袋にいっぱい摘んで帰りました(^^)
摘んで来たブラックベリーを何度も水洗いして、綺麗にした後は、お鍋に砂糖とブラックベリーを入れて煮込み開始。前回ブラックベリージャムを作った時種を濾さない簡単バージョンでしたが、今回は種を除いた滑らかバージョンに挑戦。
前回同様、材料は、ブラックベリー、お砂糖、レモンの三つ。お砂糖(適当な量、多めに入れるとジャムの保存期間を長くできます)とブラックベリーを鍋に放り込み、強火にかけておいたらみるみるうちにブラックベリーから出るジュースと溶けたお砂糖で液体化し、それをそのまましゃもじで適当に掻き混ぜながら煮込みます。しゃもじで混ぜる時に、お鍋の底にしゃもじが通った後が見えるぐらいまで水分を飛ばしたら、一旦火から降ろして網で濾します。
自分で摘んだブラックベリーがジャムになるのを興味深そうに見ていたジャック。勿論、見ているだけで満足するわけもないので、濾過作業はジャックにお願いする事に... (^^;; 
適当にグルグルと掻き混ぜていると、水分がどんどん下の器に落ち、それを続けていると、網の中には水気がなくなった種の部分だけが残ります。その残った部分も何かに使えそうな雰囲気でしたが、今回は廃棄処分に...
こちらが種なしのブルーベリージャム。濾した後、もう一度火にかけ、一煮立ちした後レモン汁をかけて掻き混ぜて出来上がり(^^)
出来上がったブラックベリージャムは煮沸消毒した瓶に詰め、これで、恐らく 3 ヶ月~ 6ヵ月は保存できる模様ですが、種なしバージョンはまさに市販のジャムのような滑らかな仕上がりで、恐らく一ヶ月も経たないうちにパンと一緒に食べ切ってしまいそうな気がします(^^)