2016年4月8日金曜日

春休み 7 日目: 記録的な暖かさ(^^)

春休み中はいいお天気に恵まれ、記録的な暖かさだったせいもあり、庭の木や植物が今週一週間で随分と育ちました(^^) 晴れの日続きだったので、家の中だけでなく冬の間放ったらかしだった庭のお手入れも多少できました。楓の木の下にある Mr.W のお墓も、この一週間で楓の葉がグングン育ち、フサフサした楓の新緑の下に(^^)
Mr.W のお墓の上に植えた Primrose。冬を無事に越して今年も花が咲きました(^^) 今年は雪は降らなかったものの、かなり寒い日もあったので、枯れてしまっても不思議はなかったのですが、土の中に埋まっている Mr.W が Primrose の養分になっているのかもしれません。 
昨年ジャックの小学校の近くで拾った栗(Chestnut)を庭に埋めておいたら、芽が出てさらに葉も増え始め、桃栗三年、柿八年という諺ぢゃないですが、三年で栗が収穫できるぐらい育ってくれたらいいな~と思っています(^^) 
左の写真はちょうど一週間前に撮影したうちの前庭の楓の木と、一週間後の楓の木の写真ですが、毎日見ていてもスゴイ!すごい!と思うぐらい、グングンと葉が伸びていて、見ているだけで気持ちいいです(^^) Mr.W は楓の木の養分にもなっているに違いない、と思うと感慨深いです。 
新緑がなんともいい色で、これからまた秋の紅葉の季節まで庭の楓の成長ぶりを見るのが楽しみです。結婚して旦那の家に住み始めた頃は、植木屋さんがこの楓の丈を常に低めに剪定していた(丸い形をキープしたかったのかな?)のですが、数年後に他の植木屋さんに変えた所、芝刈り以外は全部オプショナル料金がかかるようになり、以来特に剪定しないまま(自分や旦那が時々適当に枝を剪定する程度)にしておいたら、高さも横幅もかなりいい感じに大きくなり、向う三軒との間のよい目隠しフェンス代わり(=プライバシー保護)にもなって良いです(^^) うちの近所の建て直していない古いタイプの家は、道路側に大きな窓がある家が多く、夕方以降に近所を車で通りかかると、テレビ番組が道路から見えてしまうぐらいなので、この木があるおかげで結構助かっています(^^)