2016年6月29日水曜日

夏休み 10日目:Summer Ball ~ リトルリーグの夏シーズン

実は申し込み期限ギリギリまで、どーしようか? と悩んだリトルリーグの夏シーズン。 サマーキャンプのある日は朝 8 時頃家を出て、夕方 5 時頃帰って来る生活で、実質 9 時間近く外出状態で、その後さらに 2 時間半の野球というのは、いくら野球が楽しくても詰め込み過ぎかな? と帰りの車の中で寝てしまうジャックを見ながら悩んだのでした... が、Cubs の Baseball Moms から聞いた話では、Summer Ball はプレッシャーもないし、行けない日は連絡無しで行かなくても大丈夫だと言うので申し込んだのですが...
今年の City Tournament 優勝チームの名物コーチが率いるチームに振り分けられていて、プレッシャーがないどころか、これは毎回参加しないとダメかも(^^? と思うような雰囲気で、甘かった... かな? と思いました。でも、野球が好きなジャックなので、このコーチの Tough Love の元、夏シーズンの間にさらに上手になって、長年野球をやっている子達に技術的に追いつけるようになれるかも? とも思っています。基本的に練習なしの試合のみなので、運動量的には辛くないはず... なのですが、2 時間半外に出ずっぱりの親の方が辛いかも? なSummer Ball です。 
スケジュールは、週二回試合らしいですが、今日の試合の連絡は今日の朝に来たメールだったので少々焦りました。試合開始の前に Summer Ball 用のユニフォーム(お揃いの黄色い T シャツと、野球帽)を貰い、ササっと着替える子供達。コーチからのメールで、春のシーズン中にピッチャーをやらなかった子は、夏のシーズンの間にみんなピッチャーを経験できるようにする、とあり、コントロールがいまいちなジャックが、デッドボールでお友達を怪我させないよう、暇な時には投球練習に付き合わねばだな~と思っています。
ジャックの前のチームの子供達は誰も Summer Ball に参加していないようなのですが、3 年生の時のクラスメートの子やら、これまでの野球の試合を通して友達になった子がチームメートなので新しいチームにもすぐに馴染んでプレーしていたジャックでした。唯一プレッシャーを感じなかったのはスコアキーパーがいないカジュアルな試合だった事でした。どちらのチームも、最終的なスコアが何なのか、最後は誰も覚えていなかったんぢゃないか^^? というぐらい、双方、失点あり、得点あり、なゲームでした。 
Summer Ball 、なんだかんだで迂闊にサボれない雰囲気なので、ACE のサマーキャンプ少々削り、代わりに半日弱の短いサマーキャンプに申し込んだりして 7 月の試合のスケジュールをこなせるかな? と思っているところです。