2016年7月3日日曜日

夏休み 14日目: Leavenworth で過ごす、独立記念日の連休

今年の独立記念日は月曜日なので、日、月と一泊二日でワシントン州内にあるドイツ村 Leavenworth へ泊りがけで出かける事に。 Leavenworth は家から車で 2 時間半弱と比較的近場の観光地なので普い段は日帰りで行く観光地なのですが、ジャックも夏休みに入り、連休でもあるので珍しく一泊二日で遊びに行って来ました。今回は景観の美しさで有名な US Highway 2 経由で Leavenworth 入り。お昼少し前に家を出たのですが、意外にも特に交通渋滞もなく 2 時間強で Leavenworth に到着。
いつもはお昼過ぎに出て、夕方到着のパターンなのですが、今日は 2 時頃到着したので、アウトドアアートギャラリーを見て回ったり、じっくりウィンドーショッピングをしたりできるかな? と思っていたのですが、甘かった(^^;; ジャックはジャックでやりたい事が色々あるようで、のんびりする間もなく水着に着替えてプールに直行でした(^^;; リトルリーグのシーズン中は週末に試合があったのでなかなか旅行に出かける機会がなかったので、今回は久々の家族旅行。
今回泊まったのは Bavarian Lodge というホテルで、9 年前、ジャックが産まれるちょうど一ヶ月前のクリスマスに旦那とお義母さんと三人で泊まったホテルでした。Highway 2 沿いにあるホテルで、Leavenworth のメインストリート(Front Street)は道路を一本挟んだ所にあり便利な立地条件にあります(^^) 古いホテルながらも中は適度にリモデルされ、きれいなお部屋とバスルームで滞在中はとても快適に過ごせました(^^)
シアトル側の天気予報では独立記念日の週末は曇りだったのですが、山の向こう側は晴れの日が多く、Leavenworth のお天気もご覧の通り青空が広がる気持ちのよいお天気でした(^^) Leavenworth のここ数年のトレンドなのか、ワインテイスティングのお店が増え、また夜はお店が全部閉まってシーンとしていた Front Street にカラオケバー? のような Pub があったり、家族連れだけでなく、大人の客の集客にもここ数年力を入れているような気がします(その分やや酔っ払いが増えた気もしますが...)
夏のハイシーズン、しかも連休中なのでオフシーズンよりもホテル代がやや高めな時期ですが、日本への旅行も含め、これまでの旅行で Expedia のポイントが結構貯まっていたので、ポイントを使っての安上がり旅行(^^) Expedia のポイントは旅好きな人には楽しいポイントシステムで、これまでもダウンタウンシアトルのホテルカナダのウォーターフロントのホテルなどでポイントを使って安く宿泊したりしていました(^^)
このホテルには小さいながらもプールとジャグジーがあるので、まずはジャックの希望を優先してプールで小一時間ほど水遊び。9 年前に来た時は、夜に温水プールとジャグジーで温まった記憶があります。旦那は部屋で 40 分ほど昼寝をした後、プールで合流。屋外プールは塩素の香りが気にならないのがよいです(← スポーツクラブの室内プールは目がショボショボしそうなぐらい塩素臭い事があるので... )ジャックがプールで友達になった一家とビーチボールで楽しそうに遊んでいる間、自分と旦那はジャグジーとプールを往復しながらのんびり過ごしました(^^)
連休中なのでレストランが本格的に混み始める前にディナーに行こうという事で、プールから上がった後は、ササッとシャワーを浴びて早目のディナーへ。夕方 5 時前でも既に 20 分待ちぐらいだったので、早めに出て来て正解でした(^^) 待ち時間の間アウトドアギャラリーを少々見て回り、その後 Andreas Keller レストランへ。プールで多少なりとも泳いだせいかとてもお腹が空いていて、今日は珍しくデザートまでガッツリいただきました(^^)
連休で混んでいる事もあり、調理に時間がかかる Schweinshaxe (シュバインスハクセ)は夜 8 時以降までは注文を受け付けていないと言われてしまったので(ガッツリポークで行こう!と思ったのですが)、ポークをチキンに替えて Chicken Oktoberfest を注文。自分の好きな赤キャベツも付いて来て、新たなお気に入りメニューとなりました(^^)
お腹が空いていると何でも美味しく感じるからか? サイドディッシュとして注文したプレッツェルがかなり美味しく感じました。これまでもプレッツェルは食べた事があるのですが、こんな食感だったっけ? と思うほど美味しかったです(^^)
いつもは旦那の大好物の Apple Strudel を三人でシェアしているのですが、今日はとにかくお腹が空いていたので、Black Forest Cake も注文。旦那は Apple Strudel を独り占めし、ジャックと自分はこの Black Forest Cake を二人でつついていました(^^) ジャック曰く、レドモンドの Regent Bakery & Cafe の Black Forest Cake の方が美味しいとの事でしたが、Regent Bakery のケーキはスポンジケーキがフワフワで甘さ控え目の日本のケーキみたいな美味しさで、こちらの Black Forest Cake はやや密度高めですが甘過ぎず、自分的には一押しのデザートでした。
せっかくの連休、せっかくの独立記念日なので、たまには酔っ払って朝もダラダラ起きるのもよいのでは(^^? という事で、夕食の際にも飲んでいたのですが、夕食後もさらにビールとワインとおつまみを買ってホテルに戻った自分達。子供がいないカップルだったら、夜に飲みに出かけるのもアリなのですが、子供連れなので部屋飲みに... 旦那も自分も普段はそんなに飲まないのですが、たまにはお酒の二~三杯も飲んでリラックスするのもよいかな^^? と...
ところで、こちらの商品、Leavenworth のお土産屋さんに並んでいたので三個ほど買ってみたのですが、要は日本のワンカップ大関に代表されるような、コップ酒のワインバージョン。なんとなくワイングラスを思わせるプラスティックの容器に約一合のワインが入って $3.75 とお手頃なお値段。お店の人に聞いたら、ここ数年色々なイベント会場などでも売られていたりと、ヒット商品との事。晴れ時々投資家としては気になる商品だったので、Copa Di Vino (イタリア語で "cup of wine" の意味)について調べてみたら、企業家でこの会社 CEO の James Martin 氏は、数年前にアメリカの人気リアリティショー 「Shark Tank」に出た際、Shark(投資家)達からのオファーを蹴り、我が道を行く事を決めて以来、Shark 達からは最も嫌われている企業家として知られているらしいのですが、放映当時、汗ダラダラの顔で Shark 達のオファーを断り、その場を去った直後からオレゴン州が本社のこの会社への電話が鳴り止まぬほど彼の製品は注目を集め、その後ビジネスは飛躍的に伸び、ものの 5 年ほどで企業家としての大成功を収めた会社でした。日本ではコップ酒は自分が産まれる前から存在していた商品だけに、これが今アメリカで大成功を収めているという事実に少々驚きを感じています... が、ワインだけでなく、この容器はワインを飲んだ後にも色々と使えそうで気に入ってしまいました(^^)