2016年7月7日木曜日

夏休み 18日目:シアトルで過ごす第一木曜日 ~ 夏休みの経済学 $40 a Day(^^?

夏休み中の第一木曜日は Art Day と称して、ジャックと美術館に行く予定で、旦那の通勤に便乗してシアトルへ。旦那とは会社の駐車場で別れ、美術館に行く前にまずは朝食がてら立ち寄ったのが 5th Avenue 沿いの TOP POT FLAGSHIP CAFÉ。ここの店舗が TOP POT ドーナツの中でも一番雰囲気が好きなお店です。ドーナツ二個とミルクとコーヒーでサクっと朝食のつもりが、予想外の長居で、ドーナツを食べた後は 5 月に Pacific Place の玩具屋さんで見つけたミニトランプでジャックと神経衰弱二回戦(^^)


神経衰弱は記憶力を鍛えるのによいゲームだと思い、ジャックが小さい頃から時々一緒に遊んでいますが、昔はジャックに圧勝していた自分も最近ではほぼ互角だったり、ジャックが勝ったり。自分だけが連勝しているとジャックが拗ねてしまうので、時々手加減をしてあげていますが、神経衰弱は単純ながら実にいいゲームだな~と思います。自分の呆け防止にも良さそうで、暇な時に最適のゲームです(^^) ちなみに英語では Concentration や Card Match game、Memory Card game と呼ぶ模様。 
スタバ他、カフェの小さなテーブルでも十分遊べるミニトランプ。ジャックと二人で遊びながら、「これはもぅ 2 ~ 3 個買っておくべきだよね」と意見が一致し、Pacific Place の玩具屋さんにてさらに 2 つ購入。とにかく小さいので、旅行でも、ちょっとした外出の際でも、どこにでも持って行けて便利です(^^) ところで、先日のブログに、サマーキャンプのコストについて一日 $40(← は安い方!)という話をチラッと書きましたが、ジャックと半日シアトルで過ごした場合、$40 a Day で過ごせるのか? 検証してみました(^^) まずは、朝食@TOP POT が、$6 + tax 。トランプ 2 個が $2 + tax。 
美術館は第一木曜日なので大人の入場料 ($19) が無料。ジャックは 12 歳以下なので常に無料(^^) 駐車場は旦那の車に便乗して来たので無料(← ダウンタウンに駐車場を持っているのは実に便利^^)遅めのランチがドリンク + 税込で $13。昔 Food Network でやっていた Rachael Ray の $40 a Day という番組が好きでよく見ていたのですが、今日はその番組のように、観光地でぶらぶらしながら、途中で食事や買い物をしてその日の支出をチェックしてみることに...
ランチはモノレールの駅にもなっている Westlake Center 3 階の Food Court で、パスタ + ミートボール + サラダとガーリックブレッドのセットメニュー + ドリンク($13)。食わず嫌い大王のジャックが Villa Pizza のミートボール(← 割とスパイシー)が OK だったのは大きな進歩でした。小さい頃からスパイシーな食べ物は避けていたのに、だんだんと塩コショウ以外のスパイスも OK になって来た模様。さらにスポーツドリンクのゲータレードも半年程前までは好きではなかったのに、野球の練習の時に飲むようになってこちらも好きになりました。
遅めのランチの後は、モノレールで Space Needle などがある Seattle Center へ。モノレールの往復料金が大人と子供で $7 弱。夏休みという事もあり、窓ガラス越しに見る Westlake Center 発着のモノレールの中は毎度満員状態でした。一番先頭の席に座りたいジャックは、一本見送ってもよいと言っていたのですが、なんだかんだで夕方に近くなっていて、旦那の仕事が終わる頃を見計らって Seattle Center から戻って来なければなので、往きは満員のモノレールにそのまま乗車。


帰りはジャックの希望もあり、一本見送って運転席の隣の席を確保(^^) これは最前列の席にどーしても座りたい!という方向けのアドバイスですが、モノレ―ルが到着すると、まず乗車客を全部下ろした後、降車側のドアが閉まってから、乗車側のドアが開くようになっていますが、乗車側のドアは右から左に開くようになっています。なので、一番先端のドアの前に立って待っている際に、ドアの右端側にあたる列(さらに最先端側にも並べるようになっていますが、最先端側の列はドアが開ききるまで待たねばなので、その一歩手前の列)にいると、ドアが開いたら真っ先に入れます(^^)
ジャック同様に最前列の席に座りたかった子がいて、その子は後ろから(親も置き去りにし)どんどん割り込み、最前列にいた自分の前にも強引に割り込み、ジャック負けちゃうかも^^? と一瞬思ったのですが、無事にその強引な女の子と二人で最前列の席を確保していたジャックでした。短い乗車時間ですが、ジャックにとっては楽しいモノレールライドだった模様。自分は、最前列にいたにもかかわらず、自分の前にはどこから現れたのかアジア人親子が座っていて、危うく席がなくなる所でした(椅子取りゲーム状態^^;)
Seattle Center に着いた頃、小雨がパラパラと降り始めたので、確か Children's Museum も第一木曜日には入場料無料サービスがあったはず、と思って立ち寄ってみました。入り口の前で背の高い男の子 3 人を連れた黒人の家族連れが、入場するだけでこんなに高い(赤ちゃん以外、大人も子供も $9.25)なんて!! と躊躇していたので、「第一木曜日は夕方から確か無料のはずですよ!」と声をかけたら、自分達の後ろから付いて来て彼らも無事に入場(^^) 入場無料ながら要寄付金な雰囲気だったので $3 を寄付。 
Children's Museum でも感じたのですが、ジャックはもぅ Children's Museum からも卒業の年なんだな~と、周りの家族連れを見ながら思いました。パパとママと幼児(3 歳 ~ 5 歳ぐらい)の家族連れあたりが、この Museum の適齢ゾーンで、それ以上になると、何もかもが年齢に対して幼稚な感じがして、それがそこはかとなく親としては寂しいような... 子育ての一番楽しい時期を過ぎたような複雑な心境というか... 子供の躾やら教育を施す期間がどんどん残り少なくなっていることを感じる瞬間でした。
Children's Museum の閉館時間まで遊んだ後は、モノレールに乗って戻る前に、EMP の前に出来ていたプレイエリアで 20 分ほど遊んで帰りましたが、これは自分には怖すぎて登れない!と思うほど、結構な高さのアスレチックプレイエリアでした。高い所はそんなに怖がらないジャックも、少々怖かったと言いながら登っていましたが、昨日はできなかった事が今日できるようになる、そういう時期が子供の時期なのだと思います。このプレイエリアは、幼児でも登れる低くて簡単な施設もありますが、子育てをしていると、毎年同じ事の繰り返しではなく、前年よりもハードルを上げて行ったり、レベルを上げて行く事で、子供達のさらなる成長をサポートしているんだな~と... そういう思いもあり、夏の間にスポーツでも、アカデミック系でも、子供の好奇心をくすぐるアクティビティを体験する機会を親としては与えてあげられたら、と思うのでした。

さて、本日の支出総計ですが... $62 でした。
内訳は、食べ物に総額 $20 弱、交通費(モノレール)に $7、寄付金 $3、ショッピングに $32 (ミニトランプ $2+tax、Gap Kids で服二着 $19、Daiso で買い物 $10)ですが、ショッピングを除けば $30 で、まずまずの一日でした(^^)

これが第一木曜日ではないと、シアトル美術館(SAM)の入場料に $19、Children's Museum の入場料に $18 で、プラス$37。 また、Gap Kids での買い物には、毎度の事ながらセール価格(半額) + Rewards $$ を使っているので、お買い物でのセービングは $20 強で、本日の支出は $119 ぐらいだったと思うと、約半額の $62 
(=$57 のセービング)で一日過ごせたのにはかなり満足度高し! でした(^^) 

基本的に会社でプロジェクトを管理するのも、家庭で家計を切り盛りするのも、目標とする所は同じで、いかに生活のクオリティを下げずにコストを下げるか、が自分的には重要なポイントだと思っています。主婦生活も長くなり、賢いお買い物術やら、お得な旅行プラン等々で、この先の老後の生活も、今日の節約は明日の娯楽費というサイクルをキープしていければと思っています。