2016年7月7日木曜日

夏休み 18日目:Art Day ~ 第一木曜日は Seattle Art Museum (SAM) へ

第一木曜日は SAM Day という事で、5th Avenue 沿いの TOP POT ドーナツで朝食を済ませた後は、Seattle Art Museum (SAM) へ。TOP POT から SAM までは徒歩 15 分ぐらいの距離で、食後の運動がてらのんびり美術館まで歩いて行きました。第一木曜日は毎回そこそこ混んでいるのですが、今年 1 月に SAM に行った時(特別展示が Monet 展だった時)のあの混雑ぶりに比べれば、夏休みとは言えスカスカしていて、のんびり見て回る事ができました。
入り口近くにあるキッズコーナーに立ち寄ったら、美術館に退屈したティーン? が三人、携帯のゲームでひたすら遊んでいました。ここはどちらかと言うと、幼児用の場所なので、大きなお兄ちゃん達が占拠しているのってどーなのよ? (← 彼らの親らしき人が近くにいなかったので)と思いましたが、ジャックにもいつも小さい子供が居る所では小さい子供を優先するように言っていますが、 たまたまチビッ子達がいなかったので、まぁいーか、と黙認して次の展示室へ...
SAM へはここ数年、夏休み中の第一木曜日にジャックを連れて来ているのですが、2 年前の展示品の中にあった巨大マウス(マウチ―マウス)の思い出話など、美術館での思い出も色々... 自分も子供の頃は美術館なんて退屈だと思っていたので、ジャックの興味のないアートはすっ飛ばし、好きなタイプのアートにはじっくり時間をかけるようにしていました。ここでは、先日家で見た映画 The Thomas Crown Affair の話で盛り上がり、ジャックが「How many legs?」(椅子の足はいくつある?)と聞いてきたり(^^)

若かりし頃 "プリンセスメーカー" という少女育成ゲームソフトがあったのですが、こんなゲームをする男は女性にモテない根暗なバカ男に違いないと(真剣に)思っていた時期があったのですが、子育てをしていると、自分の子育てスタイルは、子供を育てている、というよりも、自分好みの(趣味や興味が同じで、スポーツやら映画を一緒に楽しめる)男性を育てている... と言う方が近いかもしれない? と。自分の子供なので言い寄られる煩わしさや危険もなく、実は、究極の男友達育成中なのでは^^? >自分...と思ったり。
自分のお気に入りの展示室(お皿やティーセットが展示されている部屋)では、展示品の中から選んだ一品を、どちらが早く展示品のガイドブックの中から見つけられるか? という I Spy もどきのゲームで盛り上がりました(^^) このゲームは二年ぐらい前から SAM に来る度にジャックと遊んでいるゲームで、お互いに相手用に一品、展示品の中から選ぶのですが、花柄のお皿や、青色のティーカップ... と、簡単に見つかりそうで見つけにくいものを選んでいるのですが、ジャックもようやくお皿の配置から素早く目的の一品を見つけられるようになり、なかなか手強くなってきました(^^)
今回美術館内では展示品の入れ替え作業で、館内の一部が閉鎖されていましたが、ジャックが好きそうな展示品ではないエリアだったので、特に見損ねたという感もなく... むしろ、美術館に一時間も費やしたくない! と言っていたジャックなのに、気がついたらとっくに一時間以上経っていて、ギフトショップも含めると、なんだかんだで 2 時間程美術館で過ごしました(ヨシヨシ^^)
  
美術館からの帰り道、ダウンタウンのど真ん中の建設工事に暫く見入っていたのですが、こういう肉体労働系の人は自分の家族にも旦那の家族にもいないので、ある意味とても興味深い世界というか、未知の世界というか... クレーンで吊り上げられた鉄筋の骨組みに登って作業をするおじさん? お兄さんが、何やら笑い話をしながら楽しそうに仕事をしていて、こういう業界のプロの人達の仕事を見るのも社会勉強になってよいかも(^^? と思いました。